オフィスのミカタとは

オフィスのミカタ おすすめ エンゲージメント向上サービス 3選

2019.04.11

 エンゲージメントは、約束や契約を表す言葉であり、マーケティング用語としては企業や商品などに対してユーザーが興味や関心を表すものとして用いられている。

 エンゲージメント経営は、経営手法にエンゲージメントの考え方を取り入れたもので、その意味合いは企業と従業員が相互に影響しあうことによって、きずなを深めながらともに成長していくことにある。

  従業員エンゲージメントの水準が低いと、 生産性の低さや人材の流出に繋がる。 水準が高いと人材の定着や生産性向上のみならず、 社内に活気が出たり、自発性が高くなるなど会社経営にも良い影響を及ぼします。

 今特集ではエンゲージメントを向上させるサービスをいくつか紹介していく。

RECOG(株式会社シンクスマイル)

1000社のコミュニケーションを分析してつくった社内コミュニケーションアプリ
RECOGは、「サンクスカード」をアプリ化したクラウドサービスです。アプリなので、思い立った時に、気軽に仲間への感謝の気持ちを送ることができます。

  株式会社シンクスマイル「RECOG」のサービス資料はこちら

Goodjob!(株式会社EVERRISE)

Goodjob!(グッジョブ)は、チーム内で『グッジョブ』や『ありがとう』をポイントとして送り合うことのできる社内コミュニケーションツールです。
タイムラインでだれかの活躍をメンバーに知らせたり、メッセージをそえて相手に感謝の気持ちを伝えたり。もらったポイントはさまざまな景品や特典に交換したり社内通貨として利用できます!

  株式会社EVERRISE「Goodjob!」のサービス資料はこちら

Talknote株式会社

Talknoteはミュニケーションを活性化することで、社員がイキイキと仕事をすることを促進するエンゲージメントクラウドです
膨大なCCメール、不要なメルマガ、何も決まらない長時間の会議、業務の抜け漏れ、煩雑で遅いやり取り。日々行う業務の中には、生産性の向上を阻む、多くの無駄が存在しています。Talknoteは、そのような無駄をなくし、組織に生産性をもたらし、本当に集中すべき業務に取り組める環境を提供します。

  Talknote株式会社のサービス資料はこちら

まとめ

これらのサービス資料は、一括してダウンロードすることが可能なので、細かい詳細はサービス資料をご覧いただきたい。

「働き方改革」によって業務効率化が求めているが、どこから改善すべきか分からない企業も多いのではないだろうか。それぞれの規模や状況に応じたぴったりのサービスが必ずあるので是非、一度比較してみてはいかがだろうか。