オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

<7/9(木)@オンラインセミナー>「出勤再開うつ」を減らすハラスメント対策!徹底攻略

2020年07月09日(木) オンライン開催
日時
日程:2020年7月9日(木)
時間:17時00分~18時00分
会場
オンライン実施(ZOOM)
主催企業
株式会社カルチャリア Culturia, Inc.
参加費用
4,400円(税込)
お支払いはPaypalもしくは請求書発行にて受け付けております。
お支払い完了後、当日のZOOMリンクをお送り致します。
定員
20名
申込期限
2020年07月08日(水)
主な対象者
備考
講師:奥山 由実子
お申し込みの受付は終了しました

セミナー詳細

過去4カ月で日本の働き方が大きく変わった中で、新たにTwitterでトレンド入りした「出勤再開うつ」という言葉をご存知ですか。
「出勤再開うつ」とは「業務や出勤の再開に伴って起こる、様々なうつ症状」を意味し、コロナ禍の今多くの方が苦しんでいる様子がインターネット上で伺えます。

緊急事態宣言中は「テレワークも良いけど週に何回かは出勤した方が仕事がはかどる」と思っていた方であってもいざ宣言が解除されてみると「満員電車に乗るだけで心身共に疲れる」「しばらくオフィスに行っていないだけでオフィスに行くのが憂鬱」という方も多いのではないでしょうか。中には、「自粛期間中は苦手な上司や同僚と会わなくなりストレスが減っていたが、再度出勤して顔を合わせるのが怖いです」という相談もあるほどです。

アフターコロナの時代に向けて強い組織を作る為には、「社員間のコミュニケーションを活性化させる」「働きがいのある明るい職場を作る」ことが非常に重要です。明るい職場作りの方法はさまざまですが、丁度今月パワハラ防止法(パワハラの防止を企業に義務付けることが法律)が施行されましたので、今回は「出勤再開うつを減らすハラスメント対策!徹底攻略」というテーマでセミナーを開催します。

このようなお悩みを抱えている方
・不安定な情勢の中、出勤再開うつと思われるメンバーがチームにいる方
・これまで何度もハラスメント研修を実施しているが社内のハラスメントが減らずに困っている
・ハラスメント研修=内容が重い、と社内で敬遠されてしまう
・パワハラ防止法が2020年6月に施行されたものの、社内での対策が追いついていない

ハラスメントの問題はグレーゾーンが多く、受け手次第でハラスメントになり得るという点で難しいと考えられています。今回は過去1万人以上が受講した弊社のハラスメント研修の一部を特別にオープンセミナーでお伝えします。

■セミナー内容
・コロナ禍で増えた「出勤再開うつ」の実態
・パワハラ防止法(2020年6月施行)で何が変わった⁉
・ハラスメントのグレーゾーンを徹底攻略
・ハラスメントクイズ
・パワハラ加害者/被害者/認識度チェック

【セミナー講師】
奥山由実子
株式会社カルチャリア代表取締役社長
国際人事コンサルタント


東京、浅草出身。最大手企業研修専門会社で、企画、営業、マネージメントを担当。1993年同社駐在員としてニューヨークに赴任。同年、米国に人事コンサルティング会社(本社・ニューヨーク)を設立。以来、2500以上にのぼる在米日本企業、日本国内の企業に社員研修や人材育成のためのプロジェクトを提言。日本企業としての独自性を尊重しながら、世界標準の人事システムの導入を推進、経営の高度化と人的資源の解決と防止などに大きく貢献してきた。成功実例から培ったノウハウ、クライアント企業からの熱い信頼と支援のもと、2006年6月、東京に株式会社イマジナを設立。

人事改革と企業ブランディングを行う。そして、2017年、加速する日本のグローバル化と、その中で求められる職場環境改善に使命を感じ、【社員のしあわせをデザインする】をコンセプトにしたワークスタイル改革を実践する株式会社カルチャリアを設立した。ニューヨークでの最初の起業時からの夢でもあった、日本企業の働き方を変えるための多種多様なプロジェクトを提供している。

≪講演実績例≫
リコーインダストリーグループ講演
一般社団法人PMI日本支部(日本IBM主催)講演
伸びてる会社は月曜の朝が一番楽しい(ダイヤモンド社主催セミナー)
無印良品パネルディスカッション(アウターブランディング成功事例セミナー)
日本経新聞社・カルティエ協賛ウーマンズ・イニシアティブ・フォーラム(起業を目指す女性のためのスキルアップセミナー)
お申し込みの受付は終了しました