オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

どうなる?インボイス制度で変わる立替経費の「レシート・領収書」 法改正に必要な対応と、業務効率化を2軸で実現するテクニックとは?弊社事例をご紹介

2022年12月20日(火) オンライン開催
日時
2022年12月20日(火)13:00~14:30(受付 12:45~)
会場
オンライン
主催企業
株式会社マネーフォワード
参加費用
無料
定員
定員なし
申込期限
2022年12月15日(木)
主な対象者
経理財務部門 情報システム部門
備考
※本セミナーは従業員数50名以上の法人企業 の 経理財務部門 もしくは 情報システム部門 向けのセミナーになります ※競合企業・個人事業主様、ご入力いただいた情報(フリーメールや社名が確認できない等)から企業様からの申込だと確認できない場合等、弊社の判断でお断りする場合がございます ■株式会社マネーフォワード 個人情報の取扱について https://corp.moneyforward.com/privacy/#treatment
セミナーに申し込む

セミナー詳細

激動の転換期を迎える2023年の経理業務について。
2023年10月にはインボイス制度が開始し、2023年12月末には電子帳簿保存法の宥恕期間が終了と、残すところあと約1年に迫ったこれらの大幅な税制改正にどのように対応していくべきでしょうか。

なかでも、量的に煩雑な証憑書類の確認/管理が求められがちな、「レシート」や「領収書」を使った立替経費の精算について、インボイス制度の開始にあたりどのように処理フローを検討していくべきかお悩みではありませんか?

本Webセミナーでは、インボイス制度における立替経費精算の業務上注意したいポイントを説明するとともに、マネーフォワード クラウド経費による、2つの制度への対応方法の考え方と、それに伴い効率化できる内容や機能を解説します。

また後半では、弊社事例を通して、法改正と業務効率化の2つを同時に実現可能にするテクニックについてお話します。
本年最後のセミナーです。2022年内のうちに、法改正対応と業務効率化を両立する方法について一緒に考えてみませんか?

▼ こんな人におすすめ
・電子帳簿保存法の基礎として制度概要を知りたい方
・インボイス制度における経費精算の処理フローに不安を感じている方
・証憑の提出方法や保管・破棄手順がどう変わるか等、詳細な業務の事例を知りたい方
・法改正に対応することで業務負荷が増えるのではないか?とお考えの方

※受講証は開催1営業日前にご登録のメールアドレス宛にお送りいたします。
セミナーに申し込む