オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

採用課題を抱える経営者の55.3%が「ミッション・ビジョン・バリュー(MVV)」を「重要視」

2021.12.08

MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)コンサルティングを提供する未知株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役:下方 彩純)は、採用(離職)に対して課題意識を抱える、従業員数30名以上100名以下の中小企業の経営者105名を対象に、「MVV作成」に関する実態調査を実施した。

調査概要

調査概要:「MVV作成」に関する実態調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年10月18日〜同年10月20日
有効回答:採用(離職)に対して課題意識を抱える、従業員数30名以上100名以下の中小企業の経営者105名

MVVを作成している企業、わずか28.6%

「Q1.あなたは現在「MVV」を作成していますか。」(n=105)と質問したところ、「作成している」が28.6%、「作成していない」が71.4%という回答となった。

MVVを作成後の状況「何もしていない」が10.0%

「Q2.Q1で「作成している」と回答した方にお伺いします。作成後の現在の状況を教えてください。」(n=30)と質問したところ、「何もしていない」が10.0%、「自社サイト/採用サイトに反映しているのみ」が36.7%という回答となった。

MVVを作成していない理由「作成する方法がわからない」が約4割

「Q3.Q1で「作成していない」と回答した方にお伺いします。作成していない理由を教えてください。(複数回答)」(n=75)と質問したところ、「作成する方法がわからない」が38.7%で最多となった。

約6割が採用場面で「MVV」が重要だと実感

「Q5.あなたは採用場面で「MVV」は重要だと思いますか。」(n=105)と質問したところ、「かなりそう思う」が15.3%、「ややそう思う」が40.0%という回答となった。

7割以上がMVVの作成で「社員の方向性の統一」に期待

「Q6.Q5で「かなりそう思う」「ややそう思う」と回答した方にお伺いします。「MVV」に期待することを教えてください。(複数回答)」(n=58)と質問したところ、「社員の方向性を統一できる」が70.7%で最多となった。

まとめ

「MVV作成」が採用場面で重要だと認識している経営者が多くいる一方で、導入に至っていないケースが多く見受けられた。MVV推進に意欲を持つ経営者が導入に至るためには、「MVVの作成方法」や「MVV作成後のアクション」をサポートするサービスが必要なようだ。

<PR>