オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

特集記事

働きがいに関連する特集記事を配信します。
理想的な働き方の実現、業務効率化などに役立ちます。

COVERAGE REPORT
コロナ禍でリモートワークや業務のオンライン化が進む中、全国の企業は組織や仕組み、働き方の変革を迫られている。それに伴い、企業にはツールやシステムの導入や見直しに加え、「新しい働き方」に応じた「新しいオフィスづくり」も求められている。 フリーアドレス化や省スペース化、オンライン化などでオフィスの在り方が変わりつつある今、フレキシブルに活用できるコミュニケーションツールとして支持されているのが、3M(スリーエム)の壁に貼って使えるホワイトボード「ポスト・イット® 油性ペンも使えるホワイトボードフィルム」だ。変化しつつあるオフィスの「在り方」については、ホワイトボードフィルムを導入しているサービスオフィス「H1O」を運営する、野村不動産株式会社の佐藤俊明氏に話を伺った。働き方の変化とホワイトボードフィルムの活用法については、「H1O」に入居している、ハイレイヤー向け人材紹介サービスを展開する、株式会社ユニコーン・パートナーズ 人材紹介事業部 事業部長の仲 崇氏に話を伺った。
非常用の電源を確保しておくべきなのは理解している。とはいえオフィスの停電対策を具体的に考えたとき、どういった事態を想定し、何をどれだけ備えるべきなのかは意外と難しい。 今回、ポータブル電源をはじめとしてエネルギー周りの様々なソリューションを提供するEcoFlow Technology Japan株式会社の営業部部長の長浜修氏に、BCP対策としての電源確保についてお話を伺った。
リモートワークの推進や働き方改革が進む中、金融サービスのFinテックや人材サービスのHRテックと並んで、今広まりを見せているのがリーガルテックだ。 リーガルテックとは、法務関連業務をIT技術で効率化を図れるシステムを指す。国内のリーガルテック市場は2016年から2023年までの年平均成長率が9.8%を見込まれており、コロナの影響を受けて今後も普及が加速すると見られている。 そこで本記事では、今注目を集めるリーガルテックについてカテゴリごとのおすすめサービスを紹介する。リモートワークの推進や業務効率化に向けて、ぜひ参考にして欲しい。