オフィスのミカタとは

特集記事

オフィスにまつわる特集記事を配信します。
理想的な働き方の実現、業務効率化などに役立ちます。

COVERAGE REPORT
 2019年5月22日、政府は金融審議会にて、高齢社会に対する指針を発表した。その内容は、資産形成を行っていく必要があるとしながらも、あくまでも個人による自助を前提とした内容だった。  公的年金の制度の限界は、以前から叫ばれてきたものだった。日本の内情に目を向けてみると、少子化や高齢化が加速したうえで社会保障の財源の確保でさえも苦労していると言えるものだ。  そのうえで、老後に対する取組を個人・企業どちらの方面からも考慮する必要があり、公的年金のみでは成り立たないと政府でさえも認めた。  ここでは、具体的に公的年金制度に触れ、個人や企業がどのようにして資産形成などの対策を行っていくべきなのか、見てみよう。
 2018年は、副業元年と呼ばれた年だった。その理由は、厚生労働省が初めて副業に対するガイドラインを作成し公に公表したためだ。また、その内容は注意点を踏まえているものの、副業を推進する内容だった。  トヨタの終身雇用の終焉の発表なども踏まえたうえで、副業は現代のビジネスパーソンにとってのトレンドとなりつつある。  では、副業に対する認識や現状はどのようなものになっているのだろうか。ここでは、副業の現状に触れるとともに流行となっている背景を考察していく。
 導入する企業が増え、注目を集めている働き方「テレワーク」。総務省の調査「平成29年通信利用動向調査」によると、テレワークという言葉を聞いたことがあると答えた回答者は、69.2%にものぼった。  「場所にとらわれず、自由に働きたい」と考えているビジネスマンや、「テレワークを導入しようか迷っている」と考えている総務・人事担当者も多いだろう。そこで、テレワークの概要や、テレワークのメリット・デメリットなどについて紹介していく。