オフィスのミカタとは
総務・人事・経理/管理部その他働きがいを
向上させる為の方の完全無料で使える
ビジネスポータルサイト 「オフィスのミカタ」

コラム

オフィスにまつわるコラムを配信します
理想的な働き方の実現、業務効率化などに役立てます

COLUMN
 「イノベーション」があふれている。イノベーションという「言葉」が。広告にもCMにも、書店の十数冊の本にも同語が躍っている。まるでインフレである。  しかし、言葉は無数にあるのに、実際にイノベーションが多発している感じがしない。政府もイノベーションを促そうとしている(※1)けれど、笛吹けども踊らず、というか「『踊って』いるけれど、『躍って』いるだけ」という状態だ。  「イノベーション」が嗤っている。  「吾輩はイノベーションである。中身はまだ無い」と言っている、気がする。  「イノベーションって何?」と子どもに聞かれてわかりやすく語れる人はたぶん少ない。中身が何なのかが意外にもわからない。なのに、経営の神さまドラッカーが「イノベーションを行わないこと、それは死を意味する」(※2)と言ったり、革新的なサービスが生まれる「さま」を見聞きすると、「イノベーションなしでは、やれない」という気持ちになる。  今回はそんなイノベーションについて語る。おそらく本稿は、イノベーションにまつわる幻想を消し去るだろう。
社宅とは会社が従業員の為に用意するアパート・マンションの事で、一般の賃貸住宅所有者との間で賃貸借契約を締結して使用します。貸主は借主に対して建物を安定して居住させる利益の提供を行い、一方借主はその対価として所定の賃料を支払う構図となります。 借主が賃料を滞納したり、事情を告げずに所在不明になると債務の不履行となります。 では貸主側には何もないのでしょうか。何かあった場合、借主はどうなるのでしょうか。
こんにちは、組織開発ファシリテーターの嶋田至です。 前回は、ファシリテーションとは「場づくり」であることを伝えしました。           今回と次回は、「場づくり」について、もうすこしくわしくご説明しようと思います。 今回は、「心理的に安全な場づくり」について。

最新ニュース

HOT NEWS
最新ニュースを見る

特集記事

COVERAGE REPORT
特集記事を見る