オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

有名人・著名人などが地方企業をデジタル支援する肖像ライセンスサービス「Skettt」がβ版をリリース

2022.01.18

株式会社Wunderbar(本社:東京都江東区、代表取締役 長尾慶人)は、2022年1月18日、有名人・著名人などのタレント肖像素材を利用できるライセンスサービス「Skettt(スケット)」のβ版をリリースした。第一弾として、お笑い芸人を中心とした吉本興業株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:岡本 昭彦、以下、吉本興業)と委託契約を締結し、総勢100組以上、公開時点で2,000枚以上の肖像素材がSketttにて利用可能(※1)となった。

※1 素材は揃い次第、順に利用申請(※2)が可能となる。
※2 肖像素材の閲覧及び利用には、独自の企業審査がある。

背景

新型コロナウイルス感染症により「マイナスの影響を受けた」と回答した中小企業は7割近くに上り(日本政策金融公庫「中小企業景況調査」より)、依然としてコロナウイルスは多くの業界に甚大な影響を及ぼしている。

一方で、タレント側は活動自粛により広告案件の減少、営業活動の制限、またSNS等で力をもつクリエイターが増え、自身の価値提供手段をあらゆる角度で見つめ直す機会が増えているのが現実である。

他業界に比べデジタル化に遅れをとっているエンタメ領域は、まさにデジタルシフトに踏み込むべき最適な機会に直面しているといえる。

そこでエンタメDX事業に取り組み、大手から中小・地方企業含め多数のクリエイティブ制作実績・強みをもつ同社が「広告に適したタレント素材の用意・提供・管理」まで一気通貫し地方に届けることで、PR・ブランド力の乏しい企業の売上向上・ブランディングに貢献できないかと考え、「Skettt(スケット)」のリリースに至った。

Sketttについて

「Skettt(スケット)」は、すぐに広告に使えるタレント画像・肖像素材を最短1ヶ月からライセンス利用することができるオンラインキャスティングサービスである。

希望に応じてタレント素材を使った最適なクリエイティブの制作までサポートを行い、売上向上、ブランディング向上のために活用することができる。

サイトはこちら

基本的に肖像素材は広告・宣伝効果向上を目的とし、主にオンラインを中心とした企業のWEBサイトやキャンペーン時の特設サイト、広告運用時のバナー、営業資料やチラシ・ポップ、看板等さまざまな媒体にタレント素材を利用することができる。

まとめ

リリースと同時に吉本興業との委託契約を締結した同サービス。両社の持つアセットを最大限活用し、地方企業に貢献していくことだろう。

<PR>