オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

2022年度 新入社員の初任給調査「全学歴引き上げ」は過去10年で最多の41.8%

2022.05.12

民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所(理事長:猪股 宏)では現在、今年4月の新卒入社者の初任給を調査している。このほど、4月13日までにデータを得られた東証プライム上場企業165社について、速報集計の結果を取りまとめた。

2022年度における初任給の改定状況

東証プライム上場企業の全産業ベース(165社)で、初任給を「全学歴引き上げ」た企業は41.8%、昨21年度(旧東証1部上場企業ベース)速報集計時の17.1%から20ポイント以上上昇​。一方、「全学歴据え置き」は49.7%となり、昨21年度速報集計時の74.3%から20ポイント以上低下した。

初任給の水準

全産業で見た学歴別の初任給水準は、大学卒(初任給に差を設けず、一律設定の場合。以下、一律)21万6637円、大学院卒修士23万4239円、短大卒18万7044円、高校卒(一律)17万5234円となった。

大学卒に見る上昇額の分布

大学卒(一律)では、21年度から「据え置き」が51.2%、「引き上げ」が48.8%となった。引き上げた場合は「1,000円台」が25.0%と最も多く、次いで「10,000円以上」が23.3%。引き上げた場合の平均上昇額は5276円となった。

調査・集計要領

1.調査項目
2022年度の賃金見直しによって確定された2022年4月入社者の決定初任給(学歴別)。なお、初任給は原則として時間外手当と通勤手当を除く、諸手当込みの所定内賃金である。

2.調査時期・方法
3月下旬に調査票を発送、併せて電話による取材も行い、4月13日までに回答のあった分を集計。

3.調査・集計対象
旧東証1部上場企業2130社のうち、回答のあった201社(うち、東証プライム上場企業は165社)を集計。

一般財団法人 労務行政研究所の概要

設立:1930年7月(2013年4月、一般財団法人に移行)
理事長:猪股 宏
事業内容 :
○人事労務の専門情報誌『労政時報』ならびにWEBコンテンツの編集
○人事・労務、労働関係実務図書の編集
○人事・労務管理に関する調査
所在地:〒141-0031 東京都品川区西五反田3-6-21 住友不動産西五反田ビル3階

まとめ

本調査により、令和4年4月に入社した新卒入社者の初任給に関することが明らかとなった。今後の人事計画に活用してみてはいかがだろうか。