オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

【五月病に関するアンケート】4割以上が五月病経験あり。対して、ケアがある企業は3割以下

2022.05.17

ZaPASS JAPAN 株式会社(本社:東京都千代田区、 代表取締役社長:足立愛樹)は、「五月病に関するアンケート」を実施し、ビジネスパーソン105名から回答を得たことを発表した。

調査概要

調査対象:日本企業に勤めている会社員
調査方法:Web
実施時期:2022年4月28日〜5月3日
有効回答数:105件

約5割が五月病の経験あり

社会人になってから、五月病になったと感じたことがあるか尋ねたところ、「ある」が44.8%、「ない」が55.2%と、約5割が五月病の経験があることがわかった。

五月病の症状

五月病の経験がある方にどんな症状があったか尋ねたところ、「やる気が出ない」が72.3%で最も多く、「会社に行きたくない」が70.2%、「不安を感じる」が42.6%と続いた。

五月病の原因

五月病になる原因を尋ねたところ、「仕事内容・量の変化」が51.1%で最も多く、「環境の変化(入社、転職、異動など)」が48.9%、「人間関係の変化」が44.7%と続いた。

7割以上の会社が五月病のケア・対策をしていない

会社で五月病に対するケアや対策をしているか尋ねたところ、「している」が27.6%、「していない」が72.4%という結果になった。ケア・対策の内容を尋ねたところ、「個人で実践できる五月病対策の周知」が51.7%で最も多く、「相談窓口の設置・周知」が44.8%、「メンタルヘルスに関するアセスメントの実施」が41.4%と続いた。

会社にしてほしいケア

五月病に対して会社からどんなケア・対策があればいいと思うか尋ねたところ、休暇付与に加え、食事会などカジュアルな会話ができる機会、上司・メンターとの対話の機会など、コミュニケーションの機会を増やすことが挙げられた。

また、自身で五月病にならないために実施していることを尋ねたところ、「特になし」という回答が大多数を占めた他、「適度な運動」という回答も複数あった。

仕事環境の変化と五月病

リモートワークの開始や出社の再開など、仕事環境の変化があると五月病になりやすくなると思うか尋ねたところ、「とても思う」と「やや思う」が合わせて68.4%と、約7割が仕事環境の変化で五月病になりやすいと考えていることがわかった。

まとめ

ビジネスパーソンの4割以上が五月病の経験がある一方で、ケアを行っている会社は3割以下と、五月病になる人が多いという状況に対して、対策が不足していることがわかった。自社での対策について、一度検討してみてはいかがだろうか。