オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

ウォンテッドリー、企業のパーパスと採用に関する調査結果を発表

2022.05.26

ビジネスSNS「Wantedly」を運営するウォンテッドリー株式会社は、企業のパーパスと採用をテーマに行った調査結果について発表した。

注目が集まる「パーパス」、求職側と採用側から合わせて1,340名が回答

Wantedlyが2012年2月にリリースされてから10年、ミッションやビジョン、パーパスに対する共感を軸にした人と会社の出会いを生み出してきた。そして今、各社が自社のパーパスを表明し、関連書籍が多数出版され「パーパス」という言葉が次第に注目を集める中、ウォンテッドリーでは求職者、採用担当者それぞれのパーパスに対する意識について調査を実施した。

なお、本調査では「パーパス=企業の存在目的や社会的意義」と定義しており、企業によって「ミッション」や「ビジョン」として定義していることが「パーパス」として捉えることができるとしている。

調査概要

調査名:企業のパーパスと採用に関する調査
対 象:求職者 及び 採用担当者(Wantedly利用者/非利用者の双方とも含む)
期 間:2022年4月15日〜4月22日
人 数:1,340名(求職者1,182名 及び 採用担当者158名)

全調査データはこちら

求職者側 調査結果サマリー

・ 入社時にパーパスを「かなり重視した」人は年々増加し、直近5年間で倍増
・ 給与よりもパーパスを重視して転職した事がある人は43%。今後そうすることがあると思う人は63%
・ パーパスに共感している人とそうでない人とでモチベーションが高い人の割合に2.5倍の差が

採用担当者側 調査結果サマリー

・ 選考時にパーパスへの共感度を重視すると87%が回答。スキルよりも優先する場合があると32%が回答
・ パーパスへの共感性を重視して採用した人の特徴として63%がモチベーションの高さについて言及
・ パーパスに共感する仕組み作りに注力しているのは78%。しかし53%が十分に浸透していないと回答

ウォンテッドリーについて

ウォンテッドリーは、『シゴトでココロオドルひとをふやす』ために、はたらくすべての人が共感を通じて「であい」「つながり」「つながりを深める」ためのビジネスSNS「Wantedly」を提供している。2012年2月のサービス公式リリースから現在まで、登録会社数42,000社、個人ユーザー数330万人を突破し、国境を越えて『はたらくすべての人のインフラ』を創っていく。

<会社概要>
会社名 : ウォンテッドリー株式会社
本社所在地 : 東京都港区白金台5-12-7 MG白金台ビル4F
代表取締役 : 仲 暁子
設立    : 2010年9月

まとめ

企業のミッションやビジョンに共感しているかどうかで、モチベーションの高さに大きな差が出ることがわかった。採用時にいかにその部分を伝えていくか、改めて検討してみてはいかがだろうか。