オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

<アルコールチェック義務化・業務支援>MODEがデジタルアルコールチェッカーに対応

2022.05.31

シリコンバレー発のIoTパッケージソリューションを提供するMODE, Inc.(本社:アメリカ合衆国・カリフォルニア州サンマテオ、CEO:上田 学、以下、MODE)は、2022年5月31日より、MODE モビリティクラウドをフィガロ技研株式会社が提供する「デジタル アルコールチェッカー(FALC-31)」に対応させる。これにより、アルコールチェッカー単体だけでない、安全運転に向けた包括的なデータ活用が可能になる。

背景

2022(令和4)年4月より改正道路交通法施行規則が順次施行され、自動車を使用する事業所の安全運転管理者は、以下の業務が義務化される。

2022(令和4)年4月1日施行
・運転前後の運転者の状態を目視等で確認することにより、運転者の酒気帯びの有無を確認すること
・酒気帯びの有無について記録し、記録を1年間保存すること

2022(令和4)年10月1日施行
・運転者の酒気帯びの有無の確認を、アルコール検知器を用いて行うこと
・アルコール検知器を常時有効に保持すること

対象となる事業所
・乗車定員が11人以上の自動車1台以上、またはその他の自動車5台以上を所有する事業所

これに伴い、
・社有車にアルコールチェッカーを導入したい
・社有車を使う従業員のアルコールチェックをおこないたい
・社有車を使う従業員のユーザー認証をおこないたい
・多拠点で取得した記録をクラウド上に長期保管・管理したい
・アルコールチェックが反応した時は、リアルタイムで安全運転管理者に警告が発信されるようにしたい
という声が多く寄せられたことから「MODE モビリティクラウド」にこれらの機能を追加した。

追加された機能について

MODE モビリティクラウドは車両データ収集向けクラウドソリューション。自動車や産業用車両といった移動体(モビリティ)からのデータ収集に特化し、センサー、デバイスからクラウドアプリケーションまで全てのレイヤーを包括的にカバーしている。今回のアップデートにより、以下の機能が追加された。

・フィガロ技研製 アルコールチェッカーへの接続
・NFCカードリーダーへの接続と社員証等によるユーザー認証
・ユーザーと紐づいたアルコールチェック業務のデータ収集・保管
・基準値を超えたアルコール呼気検出をフックとしたアラート配信(秋より提供開始予定)
・リアルタイムかつ遠隔での監視システム(秋より提供開始予定)

まとめ

改正道路交通法施行規則の対応はできているだろうか?義務化された業務についてスムーズに取り組めるよう、必要なツールの導入は早急に進めるべきだろう。