オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

人事管理システム「ジンジャー人事」ワークフロー申請情報を人事データベースへ自動反映

2022.07.29

jinjer株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO:加藤 賢、以下jinjer)が提供する、バックオフィス向けクラウドサービス「ジンジャー人事」に、ワークフローの申請情報を人事データベースに自動反映する機能を2022年7月28日から実装することを発表した。

人事データベース自動反映機能とは

ワークフローで企業独自で作成した申請書情報が、承認後に人事データベースへ自動反映される機能である。承認された申請情報は、人事データベースの指定された箇所にそのまま反映されるため、管理者が承認後の情報を別途手入力で登録するなどの工数削減が期待できる。また申請書フォームの各入力項目は、企業独自でカスタマイズして作成が可能だ。人事データベースにシームレスに連携されることで、ジンジャー勤怠、ジンジャー給与や、ジンジャー経費など他のサービスについてもより効率的な利用が可能となる。

「ジンジャー人事」とは

ジンジャー人事は、労務手続きや年末調整、雇用契約などをペーパーレス化し、社内のあらゆる人事情報を一元管理する人事管理システム。人事情報が集約されたデータベースを使って、人員配置や育成計画、モチベーション管理ができ、組織の生産性向上に貢献する。また、ほかのジンジャーシリーズと組み合わせることで、勤怠や給与計算システムとも人事情報の一元管理が可能だ。

バックオフィス向けクラウドサービス「ジンジャー」とは

「ジンジャー」は、人事労務・勤怠管理・給与計算・ワークフロー・経費精算・電子契約・Web会議など、バックオフィス業務の効率化を支援するクラウドサービス。バックオフィスに関わるデータを「ジンジャー」に集約し、「1つのデータベース」で管理することで、各サービスにおける情報登録や変更の手間を削減する。

会社概要

会社名 :jinjer株式会社
所在地 :東京都新宿区西新宿 6-11-3 WeWork Dタワー西新宿
代表者 :代表取締役CEO 加藤 賢

不確実性が高い予測困難な時代において、 「as a Service」モデルを軸に テクノロジーであらゆるサービスを進化させ、 顧客の発展、社会課題解決に貢献していく。

まとめ

自動反映機能の追加により、人事担当者の負担軽減をより後押ししていくことだろう。業務効率化に向けて、導入を検討してみてはいかがだろうか。