オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

J.D. パワー 2022年カラー複合機 / カラーレーザープリンター顧客満足度調査

2022.09.20

株式会社J.D. パワー ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:山本浩二、略称:J.D. パワー)は、J.D. パワー 2022年カラー複合機顧客満足度調査℠およびJ.D. パワー 2022年カラーレーザープリンター顧客満足度調査℠の結果を発表した。

ドキュメント業務のデジタル化・DX推進意欲が昨年から上昇

今後文書関連業務に関して新たに取り組みたいことやさらに取り組んでいきたいことを聴取したところ、「文書デジタル化/ペーパーレス化や業務プロセス効率化・自動化によるオフィス業務のDX促進」がラージ&ミドルオフィス企業、スモールオフィス企業ともに最も多くあがった。

多くの企業が電帳法への対応を課題視

本調査において、今後の取り組み課題として「電子帳簿保存法改正への対応」をあげた企業は、ラージ&ミドルオフィス企業では約4割、スモールオフィス企業では約3割となった。大企業を中心に電帳法への対応ニーズが高い結果となっており、多くの企業で今後取り組みが進められていくことがうかがえる。

法令改正に関する情報提供や提案活動は満足度向上に大きく寄与

複合機の営業担当者から法令改正に関する情報提供や、その対応に関する提案を受けたことがある企業の総合満足度は、調査全体平均と比べて50ポイント以上も高い。

しかし、電帳法改正への対応を今後の取り組み課題としてあげている企業のうち、営業担当者から法令改正に関する役立つ情報提供を受けたという企業は、ラージ&ミドルオフィス企業、スモールオフィス企業ともにまだ2割前後の水準に留まっている。

カラー複合機&カラーレーザープリンター満足度No.1

【カラー複合機顧客満足度調査】
<ラージ&ミドルオフィス市場部門>
第1位:富士フイルムビジネスイノベーション(665ポイント)

<スモールオフィス市場部門>
第1位:富士フイルムビジネスイノベーション、コニカミノルタ(同点、658ポイント)

【カラーレーザープリンター顧客満足度調査】
第1位:リコー (649ポイント)

調査概要

実施期間:2022年6月下旬~7月下旬
調査方法:郵送調査
調査対象:カラー複合機またはカラーレーザープリンターを利用している企業(従業員数5名以上)
調査回答社数:
カラー複合機ラージ&ミドルオフィス市場(従業員数30名以上企業)5,324社
カラー複合機スモールオフィス市場(従業員数5名以上30名未満企業)1,872社
カラーレーザープリンター(従業員数5名以上企業)1,638社

まとめ

調査結果から、ドキュメント業務のデジタル化やDX推進への取り組み意識が従来以上に高まっていることがわかった。複合機メーカー各社にとっては、複合機と文書管理クラウド等の製品を組み合わせたソリューションビジネスの商機と言えるだろう。