オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

「社員のホンネがわかる」匿名型クラウド目安箱 "みんばこ" が本サービスをリリース

2022.11.28

株式会社みんばこ(本社:大阪市北区、代表取締役:松田大樹)は、以前より提供していたβ版完全匿名のクラウド型目安箱サービス「みんばこ」を正式にリリースすると発表した。近年のコンプライアンス意識や人材の流動性の高まりを受け、社員の声に耳を傾けようとする企業が増加する傾向にある中、匿名性を活用した意見収集サービスである「みんばこ」の需要が高まっている。

みんなの目安箱®『みんばこ®』とは

匿名/実名を選択できる全国初の社内個別チャットツール。

特徴としては「カテゴリごとに投稿内容を選択できること」「今までの目安箱での一方通行のコミュニケーションではわからない詳細の確認ができること」「権限管理により必要な人に必要なカテゴリの投稿内容が閲覧返信できること」などがあげられる。

日本人の特性として、声を上げることに抵抗を持つ人が多く、特に実名での提案や提起に関しては"できる人"と"できない人"に分かれてしまい、"できない人"が淘汰されてきた。

しかし、実際には有用な意見や鋭い観点を持っている人が社内にいるが発言の機会がなかったり、それを受け入れられない上司がいたり、「声が大きい人=優秀な人」というレッテルが貼られやすいなか、ほんとうの意味で人材の活用ができていない企業が多く存在している。

また、実際に働いている現場や従業員が感じる課題やホンネは上層部には伝わってこないことが多く、気づいたときには手遅れな状態であったり、SNSなどで外部に流出していた、というようなニュースも目にすることが多くなってきた。

みんなの目安箱®『みんばこ®』は、そんな伝えづらいホンネや今まで勇気がなくできなかった提案を従業員自身が"匿名"という立場から本部・経営者に伝えることができるサービスである。

主な活用シーン

■ガバナンスの強化
■事業リスクの発見
■退職リスクの低減
■事業推進/改善提案
■職場環境づくり
■窓口の統一化

会社概要

社 名 : 株式会社みんばこ(MINBAKO Inc.)
本 社 : 大阪府大阪市北区豊崎7-6-4
資本金 : 100万円(2022年11月1日時点)
代表者 : 代表取締役 松田大樹

まとめ

企業の経営活動の健全化を図る上で、従業員が意見や提案を気兼ねなく経営陣に伝えられるかどうかは、重要なポイントとなる。貴重な現場の声を聞き逃さないよう、声を出しやすい環境を整備する必要があるだろう。