オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

メール誤送信対策アドイン「FlexConfirmMail」のMicrosoft Outlook版をリリース

2022.05.02

株式会社クリアコード(本社:埼玉県所沢市、代表取締役:須藤 功平)は、メール送信時のヒューマンエラーを極力減らしトラブルを軽減するための様々な機能を提供するメールクライアント向け誤送信防止拡張機能「FlexConfirmMail」をMicrosoft Outlookアドインとしてリリースしたことを発表した。

概要

FlexConfirmMailは、クリアコードが開発しているオープンソースの誤送信対策ソリューションである。送信時に宛先情報を分かりやすく確認できるようにすることで、送信ミスに関するトラブルを効果的に予防する。クリアコードでは、2006年からオープンソースのメールクライアントである「Thunderbird」のカスタマイズ・導入支援及びサポートサービスを提供しており、実際に発生したメール誤送信等のセキュリティインシデントの事例をもとに、その解決策となる仕組みを構築してきた。

今回、FlexConfirmMailの新しいラインアップとして、Microsoft Outlook向けのアドインをリリースした。本製品はオープンソースライセンスで配布しており「誰でも自由に使える誤送信対策」として幅広い企業・法人で活用いただけることを期待している。

本製品の特長

FlexConfirmMail for Outlookは、Microsoft Outlookにアドインとして導入するだけで、簡単に使い始めることができる。

1. ミスを見逃さない確認画面
・宛先のアドレスを社内・社外に分けて確認でき、またTo・Cc・Bccの区分も明瞭に分かりやすく表示する。
・チェックリストをマークする要領で軽快に確認できるので手間がかからない。

2. 柔軟な設定管理
・確認画面の挙動を細かく設定で制御することができる。
・シンプルながら有効な管理項目の中から、自分のワークフローにあったチェック項目を設定できる。

3. 遅延送信機能
・FlexConfirmMailはメールを遅延送信する機能を備えている。
・実際の送信までにタイムラグを設けることで、途中で送信を取り消すことができる。

エンタープライズ向けFlexConfirmMail

FlexConfirmMailの企業利用を検討の場合、企業での一括導入を円滑に進めることが可能な法人利用パックサービスを利用することができる。法人利用パックは、FlexConfirmMailを利用する法人ユーザーを対象に、 FlexConfirmMail通常版から管理機能を強化したエンタープライズ版と導入・技術サポートを提供するもの。法人利用パックは利用ユーザー数に応じた価格で提供している。

まとめ

メールの誤送信は思いもよらないトラブルを招きかねない。ツールを活用し、最低限の対策はとっておくべきだろう。