オフィスのミカタとは

人材獲得競争が激化。6月1日時点での就職内定率が70.3%と調査開始以来最高値。

2019.06.10

 株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区)のよりよい就職・採用の在り方を追究するための研究機関・就職みらい研究所は、就職みらい研究所学生調査モニターの大学生・大学院生を対象に「就職プロセス調査」を実施した。

 70.3%の学生が内定を取得し、2012年(2013年卒)の調査開始以来最高値になった事が判明した。

■70.3%の学生が内定取得。2012年(2013年卒)の調査開始以来最高値

 6月1日時点 、大学生(大学院生除く)の就職内定率は 70 .3%(+2 .2ポイント)となった。6月1日時点で7割を超えたのは 2012年(2013年卒)の調査開始以来初めてとなった。

 5月の1ヶ月間に活動した内容をみると、「情報収集」が前年同月から-18 .8ポイントなどすべての項目が下がっている。

■ 1ヶ月間に活動したこと(5月中)

 就職志望者、就職活動実施経験者に、1ヶ月間にどれだけ活動したか質問したところ、「面接など対面での選考を受けた」が71.5%と最も多い回答となった。

■就職内定辞退率は昨年同様の推移

内定辞退率も昨年同様に推移する見込みだ。

■内定有無別にみる就職活動実施率

 学生の就職活動実施率をみると6月1日時点で、57.3%(-9.6ポイント)となった。

   

   

■ 就職内定率

 大学生全体、文理、男女、地域別に就職内定率を調べたところ、6月1日時点で、7割の学生が内定があるようだ。

■就職活動実施率

今年は10連休の影響で4月までが就職活動の一つの山場だったが、現在は 6月1日からの選考を前に学生の活動が落ち着いている様子がうかがえる。

■大学院生の就職内定率・就職活動実施率

 

6月1日時点では、大学院生の就職内定率は88%と高い結果となり、就職活動実施率は、2月から4月をピークとなっている。半面、5月から6月にかけて、就職活動実施率は徐々に下降気味となっている。

■まとめ

 6月1日時点で就職内定率が70.3%と調査開始以来最高値となり、人材獲得競争が激化している。

 学生は複数の企業に同時に応募し、内定をもらう。企業は学生に、複数の内定先から自社を選んでもらう必要があり、自社の強みを活かした採用戦略を考えることが重要となるだろう。

<PR>