オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

元企業人社労士から見た企業を取り巻く今 ~これってマネジメント?~

2020.04.07

お見舞いを兼ねて……

 これを執筆している現在、新型コロナウィルス(COVID-19)感染拡大の影響が広がっていて、学校の休校や各種スポーツイベント(プロ野球、Jリーグ、大相撲、トップリーグ、選抜高校野球大会、他)の延期・中止、卒業式や入学式までの取り止めが決定されています。株式市場の「暴落」に限らず、現実の「働く場の喪失」が経済に与えるインパクトは、想像できないくらい大きなものとなることでしょう。弱小事務所である私の事業ですらも、予定していた研修が、出張の見合わせというお客様都合で延期(時期未定)となりましたし、打ち合わせの訪問等も「社内会議も自粛しているので、相当期間延期したい」との申し入れもあって、活動そのものが滞ってしまっています(泣)。この事態が早期に終息し、通常通りの(いや、この間の停滞を取り戻すほどの)経済活動に復することを心より願っています。

 今回の騒動は、社会(というよりも世界全体?)に大きな変化をもたらすことになるでしょう。テレワーク・在宅勤務によるワークスタイルやコミュニケーションの在り方の変化もそのひとつかもしれません。
 出社禁止や時差出勤によって、「なぁーんだ、会社に行かなくとも相当程度の仕事ができるんだ……」と感じられた方も少なくないでしょうし、「毎日満員電車に揺られて出社・出勤することにいったいどんな価値がある(あった)の?」「会社に時間を拘束されることが、働くってことなの?」と改めて考えさせられた方も多いのではないでしょうか。もちろん、余計に「Face to Faceのコミュニケーションが欠かせない!」「成果を出すことが仕事するって意味なんだ!」と感じられた場面もあったかもしれません。これを機に、仕事・業務の進め方のひとつの基準として、わざわざ同じ場所・時間に皆が寄り集まって行う必要などないものと、互いの意思疎通が不可欠な仕事との「選別」がはっきりしてくるのではないかと思います。業務の見直しを行う上で、本質的に重要なことは何なのか?(例えば、直接のコミュニケーションによってコンセンサスを得る必要の有無)を判断基準とした考え方が定着していくのだろうと考えています。

これってマネージャー?

 今回の本題に。過日、ある知己(30代中堅男性会社員)から相談を受けました。このまま会社に残るべきか、それとも外に出て可能性を追求するべきなのか? と。彼の勤務する会社は、国内では大手の部類に入る金融関連の会社。とは言え、取り巻く事業環境は厳しく、大規模な事業変革(支店網の再編と収益性の高い事業分野への経営資源の集中)が計画されました。彼はその影響で、約半年前に支店から本社部門へ異動になったとのこ...

記事の続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。