オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

これからの「採用」はどう変わるのか?~検索ワードの変化から見る、個人の「働く」に対する本音とは?

 急激な少子高齢化、労働人口の減少、デジタル社会への転換、AIの進化など、社会構造は大きく変化しています。その中で、我々が働く環境も変化を遂げつつあり、個人の「働く意識」が問われ始めています。
 求人情報サイト『リクナビNEXT』の検索ワードを分析したところ、働く環境に対する求職者の本音が見えてきました。今回はその調査結果について詳しく解説したいと思います。

■検索ワードの裏にある、ライフフィット志向と生涯成長への思い

 これまで社会構造の変化が、労働市場や、企業と個人の関係に及ぼす変化を、いろいろな角度から解説してきました。そして前回は、「ふるさと副業」という、地方企業と都市部人材の新しい結びつき、共創の形をご紹介しました。

 今回は、転職情報サイト『リクナビNEXT』の検索ワードの変化から、求職者が求人検索の際に重要視しているポイント、そしてその裏にある本音について解説したいと思います。

 『リクナビNEXT』内で検索された「検索ワード」ランキング上位について、2014年と2019年の検索ワードの変化を調べたところ、「働き方」に関するワード(以下、「働き方ワード」)が増えていることがわかりました。2019年に100位以内にランクインした「働き方ワード」は11ワードで、2014年の3ワードと比較して約4倍に増加しています。

 上位となった「働き方ワード」は、「在宅勤務」「土日休み」「転勤なし」「有休消化率」「ワークライフバランス」「完全週休2日」「残業なし」「在宅ワーク」「在宅」など。これらの「働き方ワード」の大半は、2014年には100位圏外であり、この5年間で多様な「働き方」を求めるワードが求職者間で浸透したことがわかります。

 象徴的なのは、「在宅」に関する検索が増えていること。場所の制約を解き放ち、介護中でも子育て中でも働きたいという人が検索していると見られます。なお、「在宅勤務」(2019年ランキング9位)「在宅ワーク」(同45位)「在宅」(同49位)とも5年前は100位圏外で、一気に注目度が上がった格好です。

 また、「土日休み」「有休消化率」「残業なし」などの検索ワードからは、場所の制約だけでなく「時間の制約」とも向き合いながら働きたい人が増えている、と判断できます。働き方改革が社会的に注目されるテーマとなる中、仕事一本やりではなく、仕事と生活の高次のバランスに注目する人が増えているのです。

 裏を返せば、こうした「場所の制約」「時間の制約」を抱えた働き手に対応できていない企業は、昨今の人材獲得競争において後れを取る、という事実がより顕著になったと言えます。

 最近では、ITベンチャーを中心に「週休3日」や「フルリモートワークOK」などという思い切った人事施策のカードを切る企業が増えつつあります。一方で、飲食業や観光業、医療福祉などのサービス業や、土木建築のように「現場に行かないと顧客サービスや付加価値を提供できない」業界においては、働き方改革においてまだ多くの課題を残している企業も少なくありません。ただ、そういう業界においても、業務プロセスを再点検・再定義し、オンラインでもできる業務や自動化できる業務とすみ分けし、いち早く新しい働き方を導入している企業の注目度は高い傾向にあり、採用・定着戦略上優位となるケースも散見されるようになりました。

■時間や場所に制約のある女性は「働き方ワード」全体の検索傾向が高い

 「働き方ワード」の検索回数を“性別”で分析したところ、女性のほうが「働き方ワード」全体の検索傾向が高いことがわかりました。「検索ワード」全体の女性の比率が41.9%であったのに対し、「働き方ワード」では59.8%と高く、中でも「在宅」「有休消化率」「ワークライフバランス」が多く検索されています。
 一方の男性は、「完全週休2日」「残業なし」「転勤なし」の検索傾向が高いことがわかりま...

記事の続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。