オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

【取材記事】次の経理効率化システムはこれだ!効率化から取り残された入金消込業務を自動化せよ!

2020.01.31

あらゆる業種・業態の経理業務で発生する入金消込・債権回収。重要な業務にもかかわらず、アナログで行っている企業が少なくない。そのためミスが発生するリスクや、担当者の負担増など、さまざまな問題が生じていた。V-ONE クラウドは、入金消込作業を大幅に短縮できる画期的なサービスだ。月数万円から利用できるため、中小企業でも気軽に導入可能だという。具体的な機能や導入のメリットについて萩原氏に伺った。

入金消込をアナログで行うデメリット

 入金消込とは、請求金額と入金情報を照合する作業のこと。この結果をもとに、担当者は未回収債権の督促を行っていく。債権が回収できなければ利益に直結する領域であり、経理業務の中で、特に重要であることは言うまでもない。

 だが現状では、多くの企業がExcelやAccessなどを使用して、目視で確認するというアナログな方法で行っている。それによるデメリットは、まず担当者の負荷...

記事の続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。