オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

Zoomのバーチャル背景、オリジナルで作るには? GoogleMeetやMicrosoftTeamsにも使える背景を手軽に  Canva活用法その1

2023.12.05
オフィスのミカタ編集部

「Zoom」「GoogleMeet」「MicrosoftTeams」などのWebミーティングで「バーチャル背景」を使っている人は多いでしょう。「オリジナルのバーチャル背景を作りたいけれど時間がない」などと感じている人はいませんか。さまざまなコンテンツの優れたデザインテンプレートを提供している「Canva」の担当者に、バーチャル背景の作り方を教えてもらいました。

Webミーティングのバーチャル背景に悩んでいませんか?

Webミーティング時に使えるバーチャル背景は、それぞれのツールにデフォルトで用意されています。しかし数が少ないため、ときにクライアントと背景が同じになってしまったり、リラックス空間を選んでリゾート気分に見えてしまったり……。そんな経験はありませんか。

ビジネスシーンでは名刺のスキャン画像をそのまま背景に使うこともあるでしょう。しかし名前が大きく刷られた名刺画像を背景に設定すると、主張が強すぎる印象になることも。

オリジナルのバーチャル背景を用意できれば、外部とのWebミーティングでも相手によい印象を与えるチャンスになります。

ツールは何を使えばいい? 無料で使えるCanva担当者に聞いてみた

オリジナルのバーチャル背景を作成するサービスとして今回ご紹介するのが「Canva」。2013年にスタートした、オンラインデザインとビジュアルコミュニケーションのプラットフォームです。

「デザインの力を世界へ」を合い言葉に、文書やプレゼンテーション、写真コラージュ、動画編集、名刺や招待状といったプロ品質のデザインテンプレートを多数提供しています。この記事では、無料版で可能な範囲に絞り、バーチャル背景に使える便利な機能を担当者に教えてもらいました。

無料でここまでできる!テンプレートを使ってみよう

まずはCanvaにアクセスして、無料登録。登録はメールアドレスと名前(本名以外でも可)を入力し、届いたメールに書かれたコードを入力するだけで完了します。
https://www.canva.com/

トップページに現れる検索窓に「バーチャル背景」と打ち込むだけで、Zoomバーチャル背景テンプレートが豊富に検索されるため、もちろんそのまま使用しても構いません。しかしカスタマイズ機能を使えば、よりオリジナル性の高い背景画像を作成できます。

バーチャル背景を自由にカスタマイズするコツとして、Canva担当者に教えてもらったのは以下の5点です。順に操作を解説します。

 イメージに合った背景画像をより早く検索するコツ
 背景に社名や名前、QRコード、名刺画像を入れる方法
 社名や名前はそのままで、背景を差し替える方法
 いろんな要素が一緒に動いてしまう問題を解決する方法
 切り抜きや明るさ調整など、画像編集をする方法

イメージに合った背景画像をより早く検索するコツ
① 検索窓に「バーチャル背景」や「Zoom背景」と入れる。
② 検索窓下に出てくる検索候補から画像アイコンのついた文字列を選ぶ。背景画像のサイズに合ったテンプレートを一覧で閲覧できる。
③ 気になった画像をクリックすると、下部に似ているテイストの画像が一覧で表示される。この似た画像をたどっていくと、簡単にイメージぴったりの画像にたどり着ける。
 
背景に社名や名前、QRコード、名刺画像を入れる方法
① 背景画像の中から、すでに社名や名前が入っているものを選ぶ。
② 文字部分をダブルクリックすれば社名や名前が編集可能。
③ 画面右のバー内にある「QRコード」をクリック。出てきたバーにURLを入力すると、画像上にQRコードが生成される。
④ 名刺画像を用意し、編集中の背景画像にドラッグ&ドロップするだけで配置できる。

社名や名前はそのままで、背景を差し替える方法
① 画面左のバー内にある「素材」をクリック。
② 検索窓に任意の文字を入力し、表示された画像一覧からイメージに合うものをクリック。
③ 表示された画像を右クリックし「背景を差し替え」を選ぶ。

いろんな要素が一緒に動いてしまう問題を解決する方法
テンプレートによっては複数の文字列や画像がグループ化されていることがある。要素を切り離して動かしたい場合は、動かしたい部分をクリックすると現れる「グループ解除」をクリック。要素をバラバラに動かせるようになる

切り抜きや明るさ調整など、画像編集をする方法
① 対象画像をダブルクリック。
② クリックアンドドラッグで画像を動かせる。
③ 左側に表示されるメニューから「切り抜き」や「調整」「エフェクト」を選ぶと、画像編集が可能。

バーチャル背景をカスタマイズしてみた

教えてもらったカスタマイズ機能を使って、バーチャル背景を作成してみました。

【テンプレート】
こちらが、選んだテンプレートです。企業説明会用のようですが、普段使いにカスタマイズしてみます。

【カスタマイズ後】
今回教えてもらった機能を使うだけで、ここまで変わります。所要時間は数分。ちょっとの合間にできてしまいます。

まとめ

無料版でここまでカスタマイズできて、しかも操作はごく簡単。より自社をアピールするために、好印象を作り出すために、オリジナルのバーチャル背景を作ってみてはいかがでしょうか。いくつか作っておいて、シーンによって使い分けるのもおすすめです。