オフィスのミカタとは
総務・人事・経理/管理部その他働きがいを
向上させる為の方の完全無料で使える
ビジネスポータルサイト 「オフィスのミカタ」

アスクルが「コピー用紙自動配送サービス」をスタート!「スマートマット機能」で手間を掛けず、適正在庫を実現。

2019.01.28
オフィスのミカタ編集部

アスクル株式会社(本社:東京都江東区)は、 株式会社スマートショッピングが提供する IoT デバイスで、電池と Wi-Fi で動作するため置き場所も選ばず、重量センサを搭載した本機器上に物を置くだけで常に残量・残数を自動計測することができる「スマートマット」を使った「コピー用紙自動配送サービス」を 2 月下旬から開始することを発表した。
同会社は、最新技術 IoT(Internet of Things)を活用して顧客の仕事場にさらなる“便利”を提供することを表明している。
(※ 中堅・大企業向け一括電子購買サービス「ソロエルアリーナ」は対象外)

■「コピー用紙自動配送サービス」 導入の背景

様々な仕事場で必要不可欠なコピー用紙。顧客から“発注の手間を削減したい”“買い忘れを防止したい”といった声が多いという。そこでアスクル株式会社ではこのような顧客の悩みを解決するため、希望の数量・サイクルで定期的にコピー用紙を配達する「コピー用紙定期配送サービス」を 2018年2月に開始した。

今回新たに開始する「コピー用紙自動配送サービス」は、“コピー用紙の利用量が一定ではないので定期配送では余ってしまう“適正在庫を維持するため、なくなるタイミングで注文したい”などの理由で「定期配送サービス」の利用に至らない顧客の声に応えたものだ。
重量センサを搭載した「スマートマット」の上にコピー用紙をセットするだけで残量を自動で検知、あらかじめ利用者が設定した数量以下になると自動でアスクルに注文される。注文する数量も利用者が自由に設定可能だ。
また、利用者は IoT 機器「スマートマット」を購入する必要はなく、初期費用なしの月額 300 円(税抜)の利用料金でサービスを利用することができる。
「コピー用紙自動配送サービス」は、人手不足の解消、注文の手間削減や買い忘れ防止を実現すると同時に、コピー用紙も通常価格から値引きした特別価格となるため、経費削減にもつながりそうだ。

■「コピー用紙自動配送サービス」 対象商品(2019 年 2 月時点)

<対象商品> 海外製高白色コピー用紙「スーパーホワイト+」、海外製自然色コピー用紙「スーパーエコノミー+」、
国産高白色コピー用紙「スーパーホワイト J」、国産自然色コピー用紙「スーパーエコノミーJ」

■まとめ

「コピー用紙自動配送サービス」は、初期費用なしの月額 300 円(税抜)の利用料金で手軽に始めることができ、必要なコピー用紙を自動で配送してくれる便利なサービスだ。人手不足の解消、注文の手間削減や買い忘れ防止を実現すると同時に、コピー用紙も通常価格から値引きした特別価格となるため、経費削減も可能。「働き方改革」が叫ばれる中、業務効率化に一役買いそうだ。

<株式会社スマートショッピングについて>
2014年11月創業。日用品・食料品のリピート買いに特化した主要ネット通販の送料を含めた価格比較、買い物の手間を減らす購買を可能にする通販支
援サービス(https://smashop.jp/)、さらには、スマートマットを用いて、オフィス・飲食店・倉庫・工場など幅広い業界の法人向けリアルタイム在庫管理、自動発注サービスを展開(https://smartmat.jp/)。
※ASKUL Web サイト https://www.askul.co.jp/

<PR>