オフィスのミカタとは
総務・人事・経理/管理部その他働きがいを
向上させる為の方の完全無料で使える
ビジネスポータルサイト 「オフィスのミカタ」

オンライン動画学習コンテンツSchooが「人事0円 学び放題計画 〜成長に熱い人事から日本を変える〜」を実施!

2019.02.12
オフィスのミカタ編集部

学べる生放送コミュニケーションサービス「Schoo(スクー) 」を運営する株式会社Schoo(本社:東京都渋谷区、以下スクー)は、日本の企業を学びによって大きく変革する学習機会創出プロジェクト「人事0円学び放題計画 〜成長に熱い人事から日本を変える〜」を実施する。
2月8日(金)より、日本全国の人事部門に所属する人全員を対象に、Schooの持つ約4,700本のコンテンツをすべて0円で見放題にする「人事学び放題計画 〜成長に熱い人事から日本を変える〜」の登録を開始した。

■Schooについて

株式会社スクーが2012年から運営している、学べる生放送コミュニケーションサービス。「世の中から卒業をなくす」をミッションに掲げ生放送授業を無料提供している。学習ジャンルは、働き方・お金・健康に関することをはじめ、すぐに使えるビジネススキル・ITスキル・経済・ニュース・思考法・文章術など幅広く提供。全4,700以上の録画授業見放題に加えて会員限定の生放送も視聴できる「新プレミアムサービス(980円/月、iOS及びAndroidアプリ1,080円/月)」を提供し、現在の会員数は37万人を突破している(2018年12月末時点)。

■「人事0円 学び放題計画〜成長に熱い人事から日本を変える〜」概要

現在、日本では少子化と新興国市場の拡大に伴い、世界経済における日本市場の位置付けは縮小。国際競争力ランキングでも低下し続け、「IMD world competitiveness ranking 2018」では57カ国中27位にとどまっている。
国際競争力が低下し、一人ひとりの生産性向上への要求、また、日進月歩で変化するテクノロジーへの対応を背景に、学び直しの重要性「自主学習できる人」の増加は企業にとっても重要な課題だ。しかし、「内閣府 教育・生涯学習に関する世論調査(平成27年度)」によると、日本の社会人は「学んだことがある」が19.1%にとどまり、「学んだことはないが、今後学んでみたい」が30.3%という結果。「自らは学びたいが、学んでいない」人が多いということが伺える。
こうした状況に対して、スクーは「このままでは日本という国はさらに低迷していく危機にあり、この状況を脱出するためには、日本の学びから日本国の人財力を引き上げ、日本を変える必要がある」と考えている。
そして、そのためにはこれまでの「学び」の概念を変え、学びを“もっと楽しく、学びやすく、続けやすいもの”にしていき、一人ひとりが主体的に学び続けることができるようにしていく必要があるという。
まずは、日本全国の人事部門に所属する人全員を対象に、オンラインでいつでもどこでも学び続けられる、学べるコミュニケーションサービス『Schoo』の法人サービスに含まれる約4,700本のオンライン動画をすべて0円で提供するプロジェクトを開始。
日本全国の企業で働く人事担当の方々に楽しく学びやすい機会と環境を提供し、日本の人事の皆さまの学習・業務支援しながら、企業内の「学び方革命」を人事担当者を中心に巻き起こしていくのが狙いだ。

■「人事0円 学び放題計画 〜成長に熱い人事から日本を変える〜」会員登録概要

【対象者】
日本全国の人事部門に所属する人
※過去にプレミアム会員、ビジネスプラン会員の登録がある方は対象外
※1社から複数名申請する場合もそれぞれ個別で申し込みが必要

【無料提供サービス】
学べる生放送コミュケーションサービス「Schoo」法人向けサービス「ビジネスプラン」の授業視聴(約4,700本の授業が受け放題)

【登録(無料)・適用方法】
公式申し込みフォーム(https://bit.ly/2t8TETX)に必要事項を記入し送信

【申し込み期間】
2019年2月8日(金)~2019年3月8日(金)

【会員有効期間】
アカウント発行日から1年間

【利用開始可能日】
申し込み後、1~3営業日で利用可能

※人事0円が適用される期間はアカウント登録日から1年間。期間終了後、別途申込みをしない限りは自動的に有料化することはない
※予告なく当プロジェクトを終了する可能性あり
※申込者を対象に弊社からメール・電話で連絡がいく場合あり

■まとめ

学習の必要性を感じながらも、機会やきっかけがないとなかなか踏み出せないのが現状。今回のプロジェクトは、そんな人たちの学びを後押しするきっかけになりそうだ。まずは人事担当者が学ぶ習慣をつけることで、組織内にも自発的に学ぶ人が増える効果も期待できるだろう。

<PR>