オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

Web飲み会に1人あたり1500円支給。「りもフェス」制度導入で社員同士のコミュニケーションを図る

2020.04.13

 株式会社i-plug(本社:大阪市淀川区/代表:中野智哉)は、社内メンバーでのWeb飲み会・Web食事会に1人あたり1500円/回を補助する制度を導入した。

Web飲み会・食事会の費用負担で、コミュニケーションの希薄化を防ぐ

 株式会社i-plugでは、国内外における新型コロナウイルス感染拡大に伴い、4月より全社員を対象に完全在宅勤務を実施している。

 社員間のコミュニケーションの希薄化を防ぐため、Web飲み会や食事会の費用を、1回あたり1人につき1500円を負担する制度を導入した。

「りもフェス」概要

名称:
りもフェス(「リモートでフェス」の略)

期間:
全社員在宅勤務期間中

回数:
毎月回数の上限数を決定しており、4月中は全社で最大300席。
1人あたりの回数制限は設けていない。

制度:
1人あたり1500円を上限に、お酒・ノンアルコール飲料・食品類を購入した費用を支給する。

事業継続のために、社員が生き生きと働ける環境を提供する

 株式会社i-plugでは4月2日より全社員を対象に在宅勤務へと切り替えたが、在宅勤務では「寂しい」と言った声や、コミュニケーション量が減ったという声が上がってきていた。

 4月1日に予定していた入社式も延期し新卒メンバーの歓迎会もできていなかったことなどから、社員間のコミュニケーションを活発化させるべく、「りもフェス」制度の導入に至った。

 株式会社i-plugですでに導入している補助制度「わくフェス」制度を基盤に導入された。
「わくフェス」とは、飲み会、食事会、その他イベント等の社員間の交流行事に月1回、1人あたり上限3500円まで補助する制度だ。

 株式会社i-plugでは、事業の継続性の担保及び顧客への価値提供は従業員あってのものと考えている。
これからも社員がいきいきと働ける環境を整える取り組みを実施していく所存だ。

<関連記事>
おすすめの通信インフラ4選!TV会議、クラウドPBXなど

<PR>