オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

コロナウイルス対策としてテレワークが導入される今、大注目される「ビジネスチャット」

2020.04.20

 株式会社RECEPTIONIST(本社 : 東京都渋谷区/代表:橋本真里子)は、新型コロナウイルス感染症の影響による働き方の変化について調査をおこなった。
 自社で運営しているメディア「Business Chat Master」の利用動向の変化から、テレワークを導入するとともにビジネスチャットを活用する傾向が強まっていることが分かった。

自社メディアのアクセス数が約4倍に!テレワークの人口増加が影響

 株式会社RECEPTIONISTの運営する「Business Chat Master(以下、BCM)」は、Chatwork、Teams、LINE WORKS、Slackなどのビジネスチャットと言われるコミュニケーションツールの利用方法、応用方法などを、わかりやすく解説しているWEBメディアだ。
 アクセス数は2020年2月と比較し約4倍と、大幅な増加となることが見込まれている。

 現在、緊急事態宣言が出たことによりテレワークが急速に普及し、推計360万人がテレワークを実施、そのうち半数近い人が初めてテレワークを実施していることが明らかとなっている。
 テレワーク人口の増加に伴い、テレワークにおけるコミュニケーションツールとして必須と言われるビジネスチャットを活用するための情報が、多く収集されていることが予想される。

Microsoft Teams利用者は1週間で4ヶ月分増加

 米Microsoftの発表によると、世界のMicrosoft Teams(以下、Teams)の利用者は2020年3月11日〜18日の1週間で1200万人増加し、4400万人となった。
 従来の4カ月分の増加人数を1週間で増やすほどの急拡大となっている。 

 日本国内でもTeamsは拡大しているとみられ、BCMにおけるTeamsに関するページへのアクセス数は、2月の10倍の勢いになっている。
 さらにアクセスが集中している記事が、Teamsの「基本的な使い方」や「会議機能の使用方法」などの基本的な利用方法に関するページだ。

 上記の結果から、今までビジネスチャットを使っていなかった人たちが、テレワークを始めるタイミングでTeamsを取り入れ、オンライン商談・WEB会議で使用する傾向が強まっていることが予想され、コミュニケーションがオンラインへ変化していることが読み取れる。

 特にTeamsが選ばれている理由は、多くの企業がこれまでにOffice365を導入しており、それにバンドルされたTeamsであれば、追加費用なく利用開始できるのが要因だと思われる。

場所を選ばない効率的なコミュニケーションを実現するビジネスチャット

 ビジネスチャットでは、すべてのやり取りはテキストで保存され、チャットなのでスピード感も上がり、複数人で議論をして結論が出たらすぐに別の仕事に切り替えることが可能というメリットがある。

 対面での会話や、メール・電話などのやりとりはビジネスに必要なコミュニケーションだ。
 しかし、電話は内容が記録に残らなかったり、メールでは業務スピードが出ず、会議は無駄に長引いてしまうなど、マイナスな側面もある。

 テレワークが始まったことで、オフラインでの対面が実質不可となり、ビジネスチャットの普及が加速してきた。
 場所を選ばない効率的なコミュニケーションを実現し、オンライン上で業務を可視化できるため、テレワークを円滑に行うためには、ビジネスチャットを活用することが必要不可欠といえるだろう。

ビジネスチャットを活用する企業のメディアとして、有益な情報提供を

 株式会社RECEPTIONISTの提供する「RECEPTIONIST(レセプショニスト)」は、来客の日程調整から会議室予約や管理、そして来客受付までの業務をワンストップで効率化するクラウド受付システムだ。
 内線電話を使わずに、ビジネスチャット、スマホアプリ、メール、SMSを使って直接担当者を呼び出すなど、ビジネス上の非効率なコミュニケーションをなくすことで社員の生産性を上げ、組織を強くする。
受付システム・受付方法においては平成30年11月に特許(第6429965号)も取得した。

 「Business Chat Master」はビジネスチャットに特化したメディアとして、今後もメディア価値の向上、ビジネスチャットの有益な情報提供に貢献していく所存だ。

<関連サービス>
ビジネスチャット5選!社内コミュニケーションを活性化し、エンゲージメントUP

<PR>