オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

アフターコロナを生き抜く人材を育てる!コロナメンタル対策アプリ「コロナコンパス」として法人3社に無料提供

2020.05.19

 メンタルコンパス株式会社(本社:名古屋市中区/代表:伊井俊貴、以下「メンタルコンパス」)は、アフターコロナに向けて解決すべき経営課題として3つを提唱。
 今回、その第一段階を解決すべく、無料のコロナメンタル対策アプリ「コロナコンパス」として法人3社に無料提供することを発表した。

「心の柔軟性」を高め、企業人の成長を助ける

 メンタルコンパスは、最新理論「心の柔軟性」に基づいたカウンセリングプロセスを、動画とチャットボットを組み合わせてオンラインで再現したアプリを、個人向け・企業向けに提供してきた。

 心の柔軟性を高めることで、自分自身の感覚を基に、必要以上に周囲の情報に左右されず、不安な感情や思考をマネージメントして行動を起こす力が付く。
 そして、その力の発揮には脳の使い方のコツがあり、それは系統立った方法で身につけることができる。

成長を重視したエレファントコンパス。コロナ禍で解決すべき問題とは

 2020年1月20日には、法人向け個人・組織育成のためのメンタルトレーニングアプリを中心にした、精神的健康からイノベーションのためのマインドセットを生み出す組織づくりまでを一貫して提供するサービス「エレファントコンパス」β版をリリースした。

 エレファントコンパスで重視した成長は以下の3点。

・自分の感覚を行動で肯定し、自分事としてイノベーションを志向する。
・イノベーションを進める過程での失敗、逆境を成長につなげる。
・感覚を肯定するチームビルドが、ウェルビーイングなコミュニケーションをもたらす。

 1月のリリース直後に拡大した新型コロナウイルス感染症の影響は、今後も続くことが見込まれる。
 メンタルコンパスとしてもこれまでのビジネスモデルの大きな変換を求められる中で、アフターコロナに向けて企業が飛躍するために解決すべき課題を3つ提唱した。

・コロナ感染予防を念頭においた企業経営
・テレワークを始めとする働き方改革
・先行きが見えない未来を生き抜くための人材育成

今から始める育成プログラム

 直近のコロナウイルス対策の緊急事態宣言は解除への光明が見えているものの、WHOはコロナの根絶が困難である可能性を指摘し、今後年単位での対策が散発的に必要になることが予想されている。

 今回メンタルコンパスは、「①コロナ感染予防を念頭においた企業経営」に対してコロナウイルス対策のストレスを低減し、自分事として適応するための5日間プログラム「コロナコンパス」として、完全無料で3社の法人従業員全員に提供する。
 そのためのシステム使用料もすべて無料だ。
 心の柔軟性のエッセンスの一部が含まれている本プログラムを、無料提供中のいま、チャレンジしてみてはいかがだろうか。

<PR>