オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

『奉行クラウド自動実行エージェント』発売!バックオフィスもリモートしたい方に

2020.06.30

 株式会社オービックビジネスコンサルタント(本社:東京都新宿区/代表:和田成史、以下「OBC」)は、「奉行クラウド」とオンプレミスシステムとのデータ連携を自動実行できる『奉行クラウド自動実行エージェント』を、6月29日から発売する。

スムーズなデータ連携で業務を効率化

 『奉行クラウド自動実行エージェント』は、「奉行クラウド」にオンプレミスのCSVファイルを自動で取り込むことができる機能だ。
これまでオンプレミスの「勘定奉行」を利用し、他のシステムとCSVファイルを用いたデータ連携を行ってきた場合でも、追加の開発やCSVファイルを変更することなく、短期間で「奉行クラウド」に移行することが可能。

 さらに、従来手動で行っていたCSVファイルの取り込みを自動実行することができ、クラウドの利点を活かしながら業務の効率化を実現し、生産性の向上に役立つ。
 「奉行クラウド自動実行エージェント」は、JBアドバンスト・テクノロジー株式会社(本社:神奈川県川崎市/代表:吉松正三、以下「JBAT」)が開発・提供する「Qanat Universe(カナートユニバース)」の技術を採用することで、手作業によるファイルのやり取りが無くとも、クラウドとオンプレミスの間で機密性の高いデータ連携を実現する。

『奉行クラウド自動実行エージェント』の3つの特長

1)クラウドに移行しても従来利用していたオンプレミスシステムとそのまま連携できる

オンプレミスの奉行シリーズで出力できる「OBC受入形式」に対応したCSVデータであれば連携できる。

 既に連携ソリューションとして登録済の製品はもちろん、個別に開発したシステムとも連携可能だ。
 例えば、オンプレミスの販売管理システムから仕訳伝票データのCSVファイルを、あらかじめ指定したフォルダーに出力するだけで「奉行クラウド」へ自動で取り込むことができる。

2)ファイルの受け入れ・作成をスケジュール設定により自動化できる

 あらかじめ設定した日次・週次・月次などのスケジュールに沿って処理を実行できる。

 マスター情報の自動受入・自動作成にも対応し、業務処理ごとにスケジュール設定が可能だ。
 補助科目や取引先などのマスター情報を同期した後で仕訳伝票データを受け入れる、といった業務に即した連携に対応できる。

3)実務で求められるきめ細かな連携処理に対応できる

 APIを活用したデータ連携、業務の自動化を実現するテクノロジー「Qanat Universe」(JBAT開発・提供)を利用している。
 クラウド環境とオンプレミス環境の境界を意識する必要なく、データ連携を実現する。

 指定フォルダー内の不要なファイルを受け入れない、一度受け入れたファイルが2重に処理されないようにする等、実務で求められるきめ細かな対応が可能です。

テレワークにも活かせるシステム

 新型コロナウイルス感染症対策をきっかけに、多くの企業でテレワークを中心とした働き方にシフトしてきた。
 これまで社内のオンプレミス環境にシステムを構築することが多かった、経理や総務などのバックオフィス業務においても、テレワークに柔軟に対応できるクラウドへの移行が進んでいる。

 一方で、オンプレミスのシステムを一部クラウド化することにより、これまで行っていたシステム間のデータ連携ができなくなるのではないかという懸念もあるため、クラウド化に踏み出せない企業も多くあるようだ。

 OBCはこのような問題を解決するため、JBATとの協業により「奉行クラウド自動実行エージェント」をリリースした。
 多くのテレワークの人にとって、強い味方となりうるだろう。

<PR>