オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

新しい生活様式におけるフリーランスの働き方 テレワーク浸透で11月のテレワーク可能案件は83.7%に増加

2020.12.25

 労働市場のミスマッチを無くし、アップデートする事業を展開する株式会社クラウドワークス(本社:東京都渋谷区、代表:吉田浩一郎)が運営するフリーランス向けエージェントマッチングサービス「クラウドテック」は、2020年にクラウドテックに登録したフリーランス(以下、登録フリーランス)データと案件傾向から「新しい生活様式における働き方の変化」を調査した。

東京在住の登録フリーランスは前年比-2.3%

 「登録フリーランスの居住地における構成比率の変化」を調査したところ、2019年と比較すると地域別では関東は唯一減少し、他地域では増加していることがわかった。

 また、東京在住の登録フリーランスは前年比-2.3%で、全都道府県の中で最も減少し、東京一極集中に変化が起きていることが明らかになった。一方で、兵庫県・大阪府・愛知県では増加しており、東京都を除く大都市圏での増加が目立つ結果になった。

2020年11月には「テレワーク 可能案件」83.7%へ増加

 「求人における勤務形態」を調査したところ、2020年6月に「テレワーク」と「常駐」の比率が逆転し、2020年11月にはテレワーク可能案件が83.7%と大多数を占める結果となった。新しい生活様式において、テレワークを導入する企業が増加し、外部人材採用におけるテレワーク導入へのハードルが下がっていることが伺える結果となった。

2021年の働き方トレンド予測は「移住&テレワーク」

 「登録フリーランスが希望する勤務形態」を調査したところ、2020年は87.5%が「テレワーク希望」と回答している。2020年はテレワークを導入する企業が増加し、働き方が大きく変化した一年となった。テレワークでも業務遂行に問題がないことを実感した人も多く、以下のように移住をし、移住先で都市部の案件を受注する事例も生まれている。

 ・生活スタイルを変えるため、東京都から静岡県へ移住
 ・ライフステージの変化に伴い、東京都から岡山県へ移住
 ・望むライフスタイルを叶えるため東京都から神奈川県へ移住

まとめ

 人々の生活様式に大きな変化をもたらした新型コロナウイルス感染拡大により、テレワークを導入する企業が増加。オフィスに出社する必要が無くなったことから、地方へ移住する人も増加傾向にある。企業の外部人材採用においても、テレワークが一般化しつつあり、今後はますます全国各地の優秀人材と出会うことができるようになっていくのではないだろうか。

<PR>