オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

OKANと横浜市が連携 置き型社食『オフィスおかん』で市内企業の朝食欠食率改善を支援

2021.01.12

 株式会社OKAN(本社:東京都豊島区、代表:沢木恵太)は、横浜市が実施する「よこはま朝食キャンペーン〜食育×健康経営コラボ企画〜」に賛同し、2021年3月から市内企業の朝食欠食率改善支援のため、市内企業への置き型社食サービス『オフィスおかん』を提供する。

従業員の健康を食でサポート

 『オフィスおかん』は、食をきっかけに従業員のエンゲージメントを向上させるサービスである。オフィスに冷蔵庫と専用ボックスを設置し、健康的なお惣菜や、ご飯、カレーなどを常備することで健康に気遣った食事を摂ることができる。2014年3月のサービスリリース以降、全国で累計約2,500社以上の企業が導入している。

朝食を食べない市民の減少を目指す横浜市

 厚生労働省の「国民健康・栄養調査」の経年変化によると、成人における朝食の欠食率は平成19年以降、男性約15%、女性約10%で推移しており、特に20歳代における欠食率の割合が高くなっている。横浜市では、第2期横浜市食育推進計画において、朝食を食べていない市民の割合を下げることを目標の一つとしている。

 朝食を摂らない理由の一つとして「時間がない」という理由が多い。この課題に対応するため企業内で手軽に食環境をつくることができる『オフィスおかん』との連携を横浜市が提案。「働く人にライフスタイルを豊かにする」をミッション・ステートメントに掲げるOKANが賛同し、連携に至った。

キャンペーン概要

 ■申込期間:2021年1月8日~1月29日
 ■実施期間:2021年3月1日~3月26日
 ■対象企業:横浜市内の企業
 ■実施内容:『オフィスおかん」など複数の置き食サービスのうち希望のサービスを選択。設置について企業と調整し、従業員の利用促進を啓発。事前・事後でアンケートを実施し各企業に結果をフィードバック。

 ■OKANの提供内容
 1、『オフィスおかん』のトライアル提供
 ・1ヶ月システム利用料全額無料
 ・1品100円のお惣菜料金は従業員が負担
 ・専用小型冷蔵庫1台、専用BOX、容器一式を提供

 2、食育支援ツール提供
 ・食育に関連する動画、掲示物の提供

まとめ

 「食」は人々の健康に欠かせない要素の一つである。特に、コロナ禍においては免疫力を高めるためにも、栄養バランスの整った食事を摂ることも重要と言えるであろう。食環境を整備することで、従業員満足度の向上や健康経営の課題解決にも期待できる。

<PR>