オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

コロナ禍の企業研修に関する調査 2020年は64.1%が研修の半分をオンラインで実施したことが明らかに

2021.02.05

 人財育成のための教育や指導を行うMON株式会社(本社:東京都中央区、代表:門田政己)は、従業員100名以上の企業に勤める人事・教育担当者103名を対象に「コロナ禍における企業研修に関する調査」を実施した。

調査概要

 調査名称:コロナ禍における企業研修に関する調査
 調査対象:従業員100名以上の企業に勤める人事・教育担当103名
 調査方法:インターネット調査
 調査期間:2021年1月5日〜1月7日

64.1%が2020年の研修の半分をオンラインで実施

 「2020年に実施した社員研修について、研修におけるオンライン実施とオフライン実施の比率」を調査したところ、17.5%が「全てオンラインで実施した」、34.0%が「半分以上オンラインで実施した」、12.6%が「オンラインと対面半々で実施した」と回答した。合わせて64.1%が半分以上の研修をオンラインで実施していたことが明らかとなり、コロナ禍において多くの企業がオンライン研修を導入したことがわかった。

46.8%が「対面時と比較して理解できていない」と回答

 「対面研修とオンライン研修を比べたときオンライン研修における社員の理解度」について調査したところ、46.8%が「対面の時と比べて理解できていないと思う」と回答した。

 また、「対面研修とオンライン研修を比べたときオンライン研修における社員の満足度の差」を調査したところ、6.5%が「対面の時と比べて満足していると思う」、42.9%が「対面の時と同じくらい満足していると思う」、45.5%が「対面の時と比べて満足していないと思う」と回答した。

オンライン研修の課題は「社員同士の関係性が強くならない」

 人事・教育担当者に「オンライン研修を実施してみて不安・不満に感じたこと」を調査したところ、最も多かったのは「社員同士の関係性が強くならない」で53.2%であった。次いで「他者からの発見、気づき、刺激がない」が42.9%、「実施できる内容に限りがある」が41.6%と続いた。

64.9%が「実施しなくなった研修がある」と回答

 「対面研修からオンライン研修への切り替わりが進んだ結果、例年対面で行なっていたにも関わらず、実施しなくなった研修はありますか」と質問したところ、64.9%が「ある」と回答した。具体的には「ロールプレイング」や「グループワークによる演習授業」など、研修受講者間の会話や交流がポイントとなるような研修が挙げられた。

2021年もオンライン研修が主流に

 「2021年に計画している社員研修について、研修におけるオンライン実施と対面実施の比率」を調査したところ、8.7%が「全てオンラインで実施する予定」、24.3%が「半分以上オンラインで実施する予定」、16.5%が「オンラインと対面半々で実施する予定」と回答した。

 オンライン研修を多く実施する理由としては「新型コロナウイルスの感染拡大が気になるから」、対面研修を多く実施する理由としては「オンライン研修では実施できる内容に限りがあるから」という声が挙げられた。

まとめ

 2020年はコロナ禍ということもあり、64.1%が研修の半分以上をオンラインで実施していたことが明らかとなり、それに伴いオンライン研修に対する不安や不満を感じている担当者が多くいることが伺えた。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中で、オンライン研修であっても対面と同等の研修を実施することができるような施策が必要と言えそうだ。

<PR>