オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

ハラスメントのグレーゾーンに対応 eラーニング講座「上司と部下が一緒に学ぶパワハラ予防講座」提供開始

2021.02.17

 株式会社FeelWorks(本社:東京都中央区)は全国の課長・部長1,000名を対象に実施した「職場のハラスメントに関するアンケート調査」の結果をもとに、パワハラが起こる背景や要因について考察。上司と部下のコミュニケーション課題を追究してきた知見を活かし、eラーニング講座「上司と部下が一緒に学ぶパワハラ予防講座」の提供を開始した。

職場のハラスメントに関する調査

 全国の課長・部長1,000名を対象に「パワハラ防止法をご存知ですか」と質問したところ、44.3%が「聞いたことはあるが内容は知らない」、7.0%が「聞いたことがない」と回答し、約半数がパワハラ防止法を知らないことが明らかとなった。

 また、「ハラスメントについて知りたいこと」を調査したところ、最も多かったのは「ハラスメントの被害事例・判例」で25.3%、次いで「ハラスメントのグレーゾーン」が23.8%、「ハラスメントの定義」が22.1%、「ハラスメントになるか否かの判断基準」が21.7%と続いた。

ハラスメントのグレーゾーンに対応

 上述の調査結果からも分かるとおり、「何がパワハラになるのか」を適切に理解できている人は少ない。そこで、長年に渡り上司と部下のコミュニケーション課題を追究してきた知見を活かしたeラーニング講座「上司と部下が一緒に学ぶパワハラ予防講座」の提供を開始した。

■3つの特徴
1 上司向け/部下向けの講座提供で両者の目線を合わせる
 近年、上司の適切な指導までパワハラと訴える「パワハラ冤罪」や部下から上司への嫌がらせ行為「逆パワハラ」が増加している。もはや上司だけがパワハラについて学ぶのではなく、上司と部下それぞれに講座を用意することで双方の目線を合わせ、場全体としてパワハラの予防を目指す。

2 曖昧/難解なパワハラの定義を理解しパワハラを正しく判断
 悪気のない行動や発言が無自覚にパワハラとなっているケースがあることを踏まえ、ケーススタディを通して厚生労働省が定める「パワハラの定義」に照らし合わせながら「何がパワハラになるか」を一つずつ検証する。

3 「あるある/グレーゾーン」をケーススタディで学び適切な判断に繋げる
 パワハラかどうか判断が難しい「グレーゾーン」や、職場で直面しがちな「あるある」な事例を取り上げることで、自分自身に投影しやすく、より現場のシーンに応用できるプログラムとなっている。

講座概要

■講座の目的/ゴール
 ・「何がパワハラか」厚生労働省の定義に則って判断する習慣をつける
 ・職場内でパワハラについて同じ判断基準を身につける
 ・パワハラのない働きがいのある職場風土を醸成する

■講座の流れ
 1 パワハラの定義の理解
  【導入編】パワハラ予防はなぜ必要か
  【ケース①(初級編)】業績の悪い部下への叱責

 2 パワハラの定義の演習
  【ケース②(中級編)】飲み会への誘い
  【ケース③(中級編)】リモートワークでの管理
  【ケース④(上級編)】ミスをした部下への叱責

 3 学習の確認
  【修了試験】失敗した新入社員への叱責

 4 学習の応用
  【事後課題】職場で学びをどう活かすか

まとめ

 中小企業においても2022年4月からパワハラ防止法が施行されることを受け、これまで以上にパワハラに関する対策が求められている。一人ひとりがパワハラの定義を正しく理解し、対策を講じていくことが必要と言えるであろう。

<PR>