オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

コロナ禍の職種別残業時間を調査 4月の緊急事態宣言後、平均残業時間が約7.5時間減少

2021.03.29

 パーソルキャリア株式会社(本社:東京都千代田区、代表:峯尾太郎)が運営する転職サービス「doda」は、20~59歳のビジネスパーソンを対象に「職種別の残業時間」の実態調査を実施した。

調査概要

 調査対象:20~59歳の男女
 雇用形態:正社員
 調査方法:ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査
 実施期間:2020年8月
 有効回答数:15,000件

コロナの影響で7.5時間残業時間が減少

 「2020年緊急事態宣言前後の平均残業時間」を調査したところ、緊急事態宣言前の1~3月の平均残業時間は28.1時間であったのに対し、宣言後の4~6月の平均残業時間は20.6時間と、コロナの影響で残業時間が7.5時間減少していることが明らかとなった。

 そこで、「残業時間が減った職種」を調査したところ最も大きく減少したのは「基礎研究」、次いで「コンサルタント」「技術営業」と続いた。他にも営業系の残業時間の減少が目立ち、取引先や見込み顧客への訪問営業や対面営業が抑制されたことなどが残業時間の減少に繋がったことが伺える。

最も残業時間が少ないのは「営業事務」

 「残業が少ない職種」を調査したところ、最も少なかったのは「営業事務アシスタント」で9.2時間、次いで「医療事務アシスタント」が10.7時間と続いた。他にも5位に「一般事務アシスタント」、6位に「経理/財務事務アシスタント」などが上位にランクインし、事務/アシスタント系の職種は残業時間が少ないことが伺えた。

最も残業時間が多いのは「教育/スクール」

 「残業が多い職種」を調査したところ、最も多かったのは「教育/スクール」で38.6時間、次いで「施工管理」が36.9時間、「人材サービスの営業」が30.8時間と続いた。

 2020年1~3月の期間の調査データで残業時間が多い職種をランキングにすると、「教育/スクール」の順位は4位(42.0時間)、「施工管理」は1位(48.9時間)だったが、コロナ禍で順位が変動している。

まとめ

 人々の生活に大きな影響をもたらした新型コロナウイルスの感染拡大は、「残業時間」にも影響を与えていることが明らかとなった。平均残業時間が7.5時間も減少したというのは、働き方の変化や新型コロナウイルスの与えた影響が顕著だったことが伺える。

<PR>