オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

【テレワーク中の息抜きランキング】男女500人アンケート調査

2021.05.13

 株式会社ビズヒッツ(本社:三重県鈴鹿市、代表取締役:伊藤 陽介)は、テレワークの経験がある500人を対象に「テレワーク中の息抜きに関する意識調査」を実施し、そのデータをランキング化した。

 詳細はこちら

調査概要

 調査対象:テレワークの経験がある人
 調査期間:2021年4月18日~19日
 調査方法:インターネットによる任意回答
 調査人数:500人(女性314人/男性186人)

テレワーク中の息抜き1位は「外出する」

 まず「テレワーク中、どのような息抜きをしていますか?」と聞いたところ、ダントツの1位は「外出する」となった。「外食」「買い物」「散歩」など、できるだけ外出して息抜きしている人が多数。2位以下は「ストレッチ・運動をする」「飲み物休憩をとる」と続いた。

息抜き休憩の平均は1時間55分

 続いて「テレワーク中、休憩は1日平均何分くらいとっていますか?」と聞いたところ、平均は115分(1時間55分)となった。ランチ休憩と合わせて120分(2時間)以下の人が多数派の中、180分(3時間)以上休憩している人も4人。一方で30分以下とかなり短い人も9人いて、最短は「10分」という結果に。また「バラバラ」「波に乗っている日は休憩なし、乗らない日は休憩が長いからわからない」と答えた人も。

息抜き休憩のタイミングは「仕事に区切りがついたとき」

 最後に「休憩はどのようなタイミングでとっていますか?」と聞いたところ、1位は「仕事に区切りがついたとき」となった。2位以下は「あらかじめ決めた時間に」「ランチ休憩のみ」「○時間おきに」と続いた。「トイレにいくとき」「集中が切れたとき」「疲れたとき」など、随時休憩をとっている人も多いことがわかった。

株式会社ビズヒッツ

 派遣・パート・アルバイト求人情報サイト「Biz Hits Work」、ビジネスの問題解決を考えるメディア「Biz Hits」を運営。また、メディア運営の中で得た知識と経験を元に、業務効率化サポート・リモートワークとクラウドソーシング導入コンサルティングも行っている。

まとめ

 長時間労働化してしまうという課題が挙げられることもあるテレワークは、息抜きや切り替えを難しいと感じる人も多いのではないだろうか。適度にリラックスした方がいい仕事に繋がることも。うまくリフレッシュすることを意識してみるといいだろう。

<PR>