オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

テレワーク・オンライン会議の快適化を図る新サービスが登場

2021.05.17

 株式会社MYCITY(本社:東京都千代田区、代表取締役:石田遼)は、オンライン会議をスムーズに運営するための環境づくりを支援する新たなサービスの提供をスタートした。

開発背景と導入メリット

 オンライン会議にはコミュニケーションにおいてさまざまなデメリットが存在するが、対面会議と比べてブラックボックス化される部分が少なく、利用者にさまざまなフィードバックができる可能性も高い。株式会社MYCITYは新サービスに、より時代に即した形のオンライン会議を利用してもらいたいという思いを込めている。

 導入によって得られる効果としては、安定したオンライン会議の通信環境づくりが可能となるほか、最適なコミュニケーションや、テレワークに必要な場・オフィスづくりができることなどが挙げられる。

 なお、基本利用料は月額1人あたり300円。分析は1回10万円からとなっている。

サービス概要

 オンライン会議では、さまざまなトラブルによってコミュニケーションが分断される場合があり、効率的な会議運営を阻害する要因になることも。本サービスでは、そうした場合に発生する再アクセス数を集計し、各評価軸で分析・評価することで改善点を特定することが可能だ。

 分析対象を組織から個人に移すと、誰とどの程度コミュニケーションをとっているか、何人の会議に参加しているのか、主催会議もしくは参加する会議どちらが多いのかなどを把握することができる。これらは組織の規模やそれぞれの立場によって最適な指標が異なるため、継続的に各指標の可視化と改善をサポートする。

株式会社MYCITY

 空間解析システムの開発・提供を通じて、人にとっての最適な空間・環境づくりを追求しているITベンチャー企業。センサーや画像解析、位置情報を用いて、一人ひとりにとって最適な場所を探す/つくるプラットフォーム『MyPlace』。“働き方改革”をサポートするスマートオフィス向けの『MyPlace for Office』、住まいやエリア、街単位で快適な暮らし方をサポートするスマートホーム/スマートシティープラットフォーム『MyPlace for Home』などを提供。将来的には、これらのサービスを一体化し、1人のユーザーがあらゆる状況においてシームレスに快適に空間を使いこなせるプラットフォームを目指している。

まとめ

 新型コロナウイルスの影響により、会議のオンライン化は急速に進んだ。導入に伴いさまざまな課題を抱えた企業も少なくないだろう。必要に応じてツールの活用を検討してみてはいかがだろうか。

<PR>