オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

在宅勤務による環境変化で4人に1人は精神的健康度が低下

2021.05.27

 人事コンサルティング、HRテック事業を行うP&L Associates合同会社(本社:東京都渋谷区、代表:斉藤正樹)は、従業員のメンタルヘルス可視化ツール「Weekare(ウィーケア)」を5月27日(木)より本格提供を開始する。

 併せて、テレワークについて管理職・非管理職を対象とした意識調査を2021年4月に実施。その調査結果を公表した。

社内コミュニケーション約6割が「難しくなった・やや難しくなった」と実感

 テレワーク実施による社内のコミュニケーションへの影響として、47.8%が『やや難しくなった』、12.0%が『難しくなった』と実感していることがわかった。さらに、管理職の約40%が『部下への指示や指導』『部下のコンディション把握』にも難しさを感じていると回答した。

テレワークがもたらす変化

 非管理職には自身について、管理職には部下について、「テレワークはどのような変化をもたらすと思うか」という設問に対し、「精神的な健康度」「業務や作業の能率・効率」において4人に1人が『やや低下する』『低下する』と回答した。

調査概要

 調査企画:P&L Associates合同会社
 調査期間:2021年4月6日~21日
 調査方法:インターネット調査
 有効回答:334名

従業員のメンタルを定期計測し不調の早期発見する「Weekare(ウィーケア)」

 長期化するコロナ禍や働き方改革など、従業員を取り巻く就業環境は急速な変化が進み、組織のコミュニケーションやコンディション把握が難しい状況となっている。この状況へ対応するため、メンタルケアに関心をもつ企業は増加傾向にあるが、「メンタルチェックのノウハウがない」 「個々の従業員まで目が届かない」、回答する側は「項目が多く回答が面倒」といった課題を抱えている。

 これらの声を受け、定期的に従業員のコンディションを把握・アラートの早期発見に特化したメンタルヘルス可視化ツール「Weekare」を開発。従業員一人ひとりのコンディションを毎週チェックし、変化の数値化により不調を早期発見、管理者へアラートで通達する。

 詳細はこちら

Weekare(ウィーケア)の機能と特長

 ■回答者が1秒で感覚的に回答できるチェック機能でリアルな回答を収集
 ■週ごとの計測ができメンタル変化を数値化
 ■従業員のメンタル不調を早期発見し、管理者へアラートで通知
 ■従業員数に応じた金額設定、申し込みから最短1日で利用可能

まとめ

 従業員のメンタルケアは欠かせないものの、日常業務に手一杯でそこまで手が回らないことも多いだろう。必要に応じてツールの活用を検討してみるのもいいかもしれない。

<PR>