オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

2023年卒「ジョブ型採用」に興味のある学生が75%

2021.05.27

 株式会社学情(本社:東京都中央区・大阪市北区/代表取締役社長:中井清和)は、2023年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に、就職活動に関するインターネットアンケートを実施。今回は、「ジョブ型採用」に関して調査した。

「ジョブ型採用」に興味のある学生が75.0%

 ジョブ型採用について、「興味がある」と回答した学生が34.3%、「どちらかと言えば興味がある」と回答した学生が40.7%となった。「希望の職種で入社できるほうが、キャリア形成をしやすいと思う」「入社後の職種や仕事が決まっていたら、早めに社会人になる準備ができると思う」「仕事内容が明確なほうが、ミスマッチがないと思う」などの声が挙がっており、現時点で「希望の仕事」が明確な学生や、「就職後」を見据えている学生が、特に「ジョブ型採用」に興味を持っていると推察される。

興味を持っている理由「どんな仕事をするかが明確だから」

 「ジョブ型採用」に興味をもっている理由は、「どんな仕事をするかが明確だから」が63.6%で最多。次いで、「配属される部署が決まっているから」48.7%、「学んだことやスキルを活かせるから」32.9%と続いた。

「実施している企業があればプレエントリーしたい」71.1%

 「ジョブ型採用」を実施している企業があれば、「プレエントリーしたい」「どちらかと言えばプレエントリーしたい」と回答した学生は、71.1%となった。

「ジョブ型」のインターンシップ83.9%が参加を希望

 「ジョブ型」のインターンシップに「参加したい」「どちらかと言えば参加したい」と回答した学生は、83.9%になった。「希望している仕事に、自身の適性があるかを確かめたい」「仕事を具体的に経験できると、働くイメージを持ちやすい」「実際に体験できると、志望理由も明確になると思う」などの声が寄せられた。

調査概要

 調査対象:「あさがくナビ2023」へのサイト来訪者
 調査方法:Web上でのアンケート
 調査期間:2021年4月21日~2021年5月17日
 有効回答:575名

まとめ

 コロナ禍で注目を集めているジョブ型採用は、目的意識や働く意欲の強い学生を集めやすく、ミスマッチも防ぎやすい雇用形態。企業の成長や生産性を高めることに一躍買ってくれそうだ。経団連も推薦する雇用形態であり、今後導入が加速するだろう。

<PR>