オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

ヘッドハンターに転職市場についてアンケート

2021.05.27

 Visionalグループの株式会社ビズリーチ(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:多田洋祐)が運営する転職サイト「ビズリーチ」は、登録するヘッドハンターを対象に、中途採用・転職活動に関するアンケート調査を実施した。

 その結果、今後(向こう3カ月)の企業の中途採用活動について、「活性化する」と予測したヘッドハンターは8割以上となった。

明確な転職意向が固まっていない段階での相談が増加

 1年前と比較した求職者の傾向について質問したところ、「明確な転職意向が固まっていない段階での相談が増えた(62.2%)」が最も多い結果となった。さらに、「主体的なキャリア形成の意識が高まった(28.6%)」や「日系大手企業に勤務する求職者からの相談が増えた(14.3%)」という傾向が明らかになった。

 この結果より、ビジネスパーソンが自身のキャリアの選択肢や可能性を広げるために、転職意向が固まる前から中長期的に活動をしていることが分かる。また、自身のキャリアを主体的に構築していくための、セルフキャリアマネジメント意識が高まっていることがうかがえる。

相談内容の1位は「会社の将来への不安」

 求職者からの相談内容としては、「会社の将来に不安がある(73.3%)」「業界自体の将来に不安がある(44.7%)」が上位となった。長引くコロナ禍のなか、先行き不透明な経済状況により、多くのビジネスパーソンが不安を抱えていることが分かる。

転職成功する求職者の特徴は「自己理解」

 長引くコロナ禍の影響下においても転職を成功させているビジネスパーソンの特徴について質問したところ、多くのヘッドハンターが「自己理解(自分の強みややりたいことの言語化)ができていること」と回答した。また、自己理解のために、自身の経験やスキルを振り返る「キャリアの棚卸し」が有効だという意見がみられた。

調査概要

 調査名称:「ビズリーチ ヘッドハンターへの中途採用・転職支援に関するアンケート」
 調査対象:ビズリーチに登録するヘッドハンター 
 調査期間:2021年4月15日~2021年4月21日
 有効回答:602

まとめ

 本アンケートから、転職意向が固まる前からヘッドハンターに相談するビジネスプロフェッショナルが増加したことが分かった。コロナ禍は、ビジネスパーソンのキャリア観を変化させ、それに伴い、自らキャリアを構築する意識が高まった結果、転職意向の有無にかかわらずヘッドハンターに相談するビジネスパーソンが増えたのではないだろうか。

<PR>