オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

転職事情は「給料」から「リモートワーク」最重視へ

2021.05.31

 バイリンガルのための転職・求人情報サイト「Daijob.com」を展開するヒューマングローバルタレント株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:横川 友樹)は、同サイトの登録者に「新型コロナウイルス感染症拡大以降の、転職に対する意識」について調査を実施した。

調査概要

 調査期間:2021年5月7日~11日
 調査対象:Daijob.com登録者
 調査方法:メールによる任意回答
 調査人数:586人(日本国籍・281人 外国籍・305人)

転職に対して意識が変化したグローバル人材75%

 転職活動において、意識が変化したグローバル人材は75%となった。コロナの感染拡大は、ライフスタイルだけでなく転職先選びにも大きな影響を与えている。

重視すること1位「給料」から「リモートワーク」へ

 コロナ以前の転職活動で重視されていたことの1位が「給料」だったのに対して、コロナ以降の1位は「リモートワークの有無」と変化した。また、コロナ以前は第3位だった「キャリアアップ」が、コロナ以降は7位にランクダウン。ただし、順位は下がったものの重視する人数自体は微増している。

転職市場で「自分の価値が上がった・変化なし」と感じる42%

 コロナ以降、世界的に景気の冷え込みが続いたものの、オンラインでも仕事が進められるIT系の人材は仕事や転職に不安を感じる人が少なく、さらにスキル・キャリアップのチャンスと捉えている人も多いようだ。

ヒューマングローバルタレント株式会社

 バイリンガルのための転職・求人情報サイトDaijob.comは1998年にオープンして以来、日本をはじめ、世界27カ国・3,270社以上の企業からバイリンガル採用の高い評価を得ている。現在はグローバル人材と、国際的な視野を持った人材を探す企業や紹介会社との架け橋になるため、Daijob.comをはじめ、転職フェア、人材紹介などさまざまなグローバル人材事業を展開している。

ヒューマングループ

 教育事業を中核に、人材、介護、保育、美容、スポーツ、ITと多岐にわたる事業を展開。1985年の創業以来「為世為人(いせいいじん)」を経営理念に掲げ、教育を中心とする各事業を通じて、労働力不足、高齢化社会、待機児童問題など、時代とともに変化するさまざまな社会課題の解決に取り組み、独自のビジネスモデルを展開してきた。

まとめ

 今もなお社会へさまざまな影響を及ぼしている新型コロナウイルス。転職希望者の選定要因にも変化を招いているようだ。企業には、より柔軟に働ける環境を整えることが求められているのではないだろうか。

<PR>