オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

『マイナビ2023』6月1日インターンシップエントリー受付開始

2021.06.01

 株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:中川信行)は、2023年以降に卒業予定の大学・大学院・短大・高専・専門学校の学生や留学生を対象とし、6月1日よりインターンシップエントリーの受付を開始すると発表した。

学生と企業をつなぐ

 2022年卒学生のインターンシップには約8割以上が参加しており、就職活動の準備を行う学生にとって重要度の高いものとなっている。学生はインターンシップに参加することで、就職活動前に社会・業界・企業に触れ、仕事への理解を深めるとともに職業観を育み、就職後のミスマッチを防ぐことへとつながる。また、企業は業界知識や社風を伝えることができる場として活用している。

 『マイナビ2023』は、6月1日より2023年卒の学生を対象としたインターンシップエントリーの受付を開始。豊富な情報を掲載し、意欲の高い学生と、より良い人材の採用に積極的な企業を全面的にバックアップする。また、学生が社会へ出る準備を十分にできるよう、さまざまなコンテンツを掲載している。

 サイトはこちら

6月からの主なプログラム

 ■インターンシップコース情報・応募受付
 ■インターンシップ関連の豊富なコンテンツ
 ■マイナビ仕事研究&インターンシップWEB EXPO/マイナビTV
 ■ マイナビインターンシップEXPO/フェア

株式会社マイナビ

 1973年設立。多様な事業領域で人と企業に情熱を持って向き合い、信頼ある情報発信やサービスの提供に取り組む。コーポレートブランドには「わたしの(=マイ)ナビゲーター(=ナビ)になりたい」という想いが込められている。ビジョンとして掲げるのは、進学、就職や転職、結婚などマイナビを使って情報を得るという「⽇常⽣活に普通にある存在」をめざすこと。地域ごとに異なるさまざまな特⾊や⼈々のニーズにきめ細かく応えるために、全国各地に拠点を置き、リアルなネットワークを築いていくことに注力している。

まとめ

 社会へ出る前に「仕事の現場」を体験でき、働くことへの具体的なイメージを持ちやすくなるほか、さまざまな出会いももたらしてくれるインターンシップ。企業にとっても会社の雰囲気や業界のことを伝えられたり、視座の高い学生を採用につなげることができたりといったメリットがある。自社の強みを活かしたコンテンツで学生を受け入れられるよう、重要な採用戦略のひとつとして準備を進めるべきだろう。

<PR>