オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

転職人気企業ランキング2021

2021.06.15

 パーソルキャリア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎)が運営する転職サービス「doda」は、22~59歳のビジネスパーソン5,003人を対象に「転職したい会社」を調査し、「doda転職人気企業ランキング2021」としてまとめた。

安定したブランド力を持つおなじみの顔ぶれがランクイン

 1位に輝いたのは2位に圧倒的なポイント差をつけた「グーグル」。グローバルに成長を続ける将来性に魅力を感じる人が多いようだ。2位の「トヨタ自動車」は、ブランドはもちろん、会社の挑戦や取り組みにも好感を持つコメントが多く見られた。3位の「楽天」は、多角的な事業の広がりへの期待を寄せるコメントが挙がった。4位にランクインした「ソニー」は昨年より7ランクアップ。2021年3月期の決算では過去最高益、特にゲーム、音楽、映画などのエンタメ事業が好調で、人々の注目を集めた。

「安心感・安定感」「柔軟な働き方」をより重視

 新型コロナウイルスの影響を受け、人々の生活様式が大きく変わり定着した2020年~2021年。調査を通じて、働く人々の価値観や企業を見る観点にも変化があったことが分かった。

 転職したい(働いてみたい)企業を選ぶ理由については、女性の回答者のうち約3割が「変化があった」と回答。中でも、安定感や柔軟な働き方への対応を重視する声が目立った。

コロナ禍の自粛生活を身近で支えた企業が大幅ランクアップ

 今年はコロナ禍の人々の生活様式の変化により、ランキングにも変化が見られた。変化があった業界の一つが食品メーカー。自粛要請により外食が減り、自宅での食事がより生活の中での大きな楽しみの一つになったことから、ランクアップしたと考えられる。また通信大手はコロナ禍の生活スタイルの変化によって、利用料金を見直す人が多かったことに加え、大手キャリアから価格帯を一新した低価格プランの発表が相次いだことが影響したといえそうだ。

調査概要

 調査対象: 22歳~59歳の正社員(男女)5,003人
 調査手法:ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査
 調査期間:2021年2月10日~2月16日
 調査方法:投票者が転職を希望する企業を自由形式で1位から3位まで記入。持ち点10ポイントの中から、それぞれの企業への志望度合いに応じて自由にポイントを振り分ける。

まとめ

 新型コロナウイルスの影響は、転職市場にもさまざまな変化をもたらしているようだ。調査結果を自社の採用活動に活かしてみては?

<PR>