オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

『アフターコロナのニュービジネス大全 新しい生活様式×世界15カ国の先進事例』発売

2021.07.19

 株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン(本社:東京都千代田区、取締役社長:谷口奈緒美)は2021年7月16日に『アフターコロナのニュービジネス大全 新しい生活様式×世界15カ国の先進事例』(原田曜平・小祝誉士夫 著)を刊行した。

コロナ禍で露見した“変われない日本”

 2020年、新型コロナウイルスが感染拡大し、生活もビジネスも社会も、環境や状況が激変。日本で代表的なものでいうと、テレワークが挙げられるだろう。しかし、大半は以前のような通勤に戻っている。世界では、一変した環境や状況に際して、大きな意識改革や行動変容が起こっているところもあるが、日本は、根本的には“何も変わっていない”といえるだろう。コロナが収束するのをただ待っているだけでは、アフターコロナの世界を生き抜くことはできない。ビジネスや生活をアップデートしていく必要があるのだ。

様々なビジネスにチャレンジした世界各国

 本書では、調査対象15カ国およそ200事例以上という規模で、コロナ禍の世界の動向をリサーチした結果をもとに、新たなビジネスの動きが見られる事例を紹介している。各章ごとに各国の先進的な取り組み、ヒットの要因分析を行うとともに、それをベースにして日本で展開する場合はどう考えるべきかという提案も行う。さらに、「海外」×「若者」という観点で、アフターコロナの新規のビジネスアイデアを提案する。

アフターコロナを見据えて

 今後、新型コロナウイルスの感染が収束していけば、リベンジ消費やあらゆる分野のマーケットが急速に復活してくるはずだ。

 しかし、消費が戻ってきたときに注意しなければならない点もあり、海外の事例からアフターコロナの消費者心理を知り、国内のマーケットや消費者に合うようにアレンジしたうえで展開していくことが必要だ。

書籍情報

 タイトル:『アフターコロナのニュービジネス大全 新しい生活様式×世界15カ国の先進事例』
 発売日:2021年7月16日
 刊行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
 仕様:四六判/292ページ
 ISBN:978-4-7993-2743-2
 定価:1870円(税込)

まとめ

 多くの人が待ちわびているであろう、アフターコロナの世界。新たなビジネスチャンスとするためには、今からその時を見据えてしっかりと準備していくことが大切だ。

<PR>