オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

ライターとして活動している人の半数以上が「副業・複業者」

2021.07.27

MENTA株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 入江慎吾)が、「ライター実態調査」を発表。ライターは64.9%が副業・複業者であることがわかった。また、最も多い悩みは「記事を書くのに時間がかかる」といった時間に関する悩みという結果がでている。

調査実施の背景

新型コロナウイルスの影響で在宅勤務が主流となった現在、副業などの「新しい働き方」に注目が集まっている。ランサーズ株式会社で実施した『フリーランス実態調査 2021』(※)によると、副業・複業ワーカーの人口は812万人となり、1年間で100万人以上増加した。

こういった背景から、副業として始めやすいライターの仕事に注目が集まっている。オンラインメンターサービスの『MENTA』でも、「副業ライターの始め方講座」を実施したところ、想定の倍以上の参加者から応募があった。今回、ライターとして活動している方がどのような悩みを持ち、どのような環境があればライターとして活躍できるのかを知るために「ライター実態調査」を実施した。

ランサーズ株式会社 「フリーランス実態調査2021」

ライターになった理由「副業として始めやすかったから」

ライターとなった理由としては「副業として始めやすかったから」が最も多く、「収入を増やしたいと考えたから」「もともと文章を書くのが好きだったから」と続いた。

副業・複業ライターとして活動する人が64.9%

ライターとしての活動実態を質問したところ、「副業・複業としてライターをしている」と回答した人が最も多く、64.9%となった。

最も悩んでいることは「記事を書くのに時間がかかる」

ライターが抱える悩みとして多かったのは「記事を書くのに時間がかかる」「文字単価がアップしていかない」「記事を書くための情報収集が非効率だと感じる」の3つ。特に、「記事を書くのに時間がかかる」という悩みは半数以上の人が抱えていることがわかった。

調査概要

実施日:2021年7月6日
対象者:114人
調査方法:「Lancers」のタスク機能にて調査

『MENTA』

「学びたい人」と「スキルを持つ人」をオンラインで繋ぐサービス。2018年にサービスを開始し、エンジニアやデザイナー、ライターなどビジネス系のスキルを持つ個人とそれを学びたい個人を繋いできた。2020年1月以降に2万人以上登録者が増加し、2021年4月に登録者数は3万人を突破している。

まとめ

副業を容認する動きが加速化する中で、新型コロナウイルスの影響によって副業人口はさらに増加しているようだ。本業の隙間時間を活用して取り組める業種に、今後ますます注目が集まるのではないだろうか。

<PR>