オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

管理職向け「褒め方・叱り方」コース開講!NOMAeラーニングにて配信開始

2021.08.03

一般社団法人日本経営協会(本部事務局:東京都渋谷区 会長:高原 豪久)は8月2日、法人向け教育サービス「NOMAeラーニング」に新コース「褒め方・叱り方」の配信を開始した。

NOMAeラーニング

2018年4月に開始された法人向けサービス。指定研修や自己啓発研修など、組織内の人材育成に活用可能。1949年の創立より一貫して研修、セミナー、通信教育など、人材育成に関するソリューションを提供してきた同会にしか作る事の出来ないプログラムを、多数取り揃えている。

公式HPはこちら

新コース「褒め方・叱り方」講師紹介

結咲 ふみの氏(日本経営協会講師、コミュニケーションスキル 講師)
上場企業の人事部にて教育・研修に従事し、新人から中堅社員、マネージャーおよび役員の研修を手掛ける他、会社の教育体系の構築に携わる。その後海外でコミュニケーションスキルやボイストレーニングを学びながら活動の幅を拡げ、現在ではナレーターや脚本・演出を担当する他、各種企業・団体での「プレゼンテーション」や「褒め方・叱り方」などをテーマとした研修・講演に多数登壇している。

コース概要

コース名:「褒め方・叱り方」
受付開始日:2021年8月2日(月)
価格:1ID(1名)あたり3,300円(税込)
学習可能期間:30日間
標準学習時間:60分
視聴方法:申込完了後、NOMA eラーニング配信サイトから視聴

カリキュラム内容

1.オープニング
2.ジェネレーションギャップ
3.こんな褒め方・叱り方していませんか?
4.褒めるとは
5.褒め方の改善例
6.タイプ別・声のかけ方
7.叱るとは
8.話し方と伝え方を意識する
9.叱り方の改善例
10.成長を促す接し方、伸ばし方
11.褒める/叱る 一問一答
12.エンディング
総合テスト

一般社団法人日本経営協会

昭和24年(1949年)に「日本事務能率協会」として創立され、同年に通商産業省(現・経済産業省)から旧公益法人法に基づいて社団法人の認可を受けた。昭和46年(1971年)には名称を現在の「日本経営協会」に改称のうえ、平成23年(2011年)4月に一般社団法人へ移行、2019年に創立70周年を迎え今日に至る。創立以来一貫して、日本の経営の近代化と効率化のための啓発普及を活動の柱としており、「経営およびオフィス・マネジメント」の革新と社会資産の創出ならびに新しい価値創造の推進によって、日本経済の発展と豊かな社会の実現に寄与することを目的としている。

まとめ

褒める・叱るという行為は案外難しい。部下の成長をうまく促すことができず、悩んでいる管理職も多いのではないだろうか。この機に改めて褒める・叱るということについて、考えてみては?

<PR>