オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

【就業意識に関する調査】現在の仕事に満足している人は7割弱

2021.08.06

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、インターネット調査を中心に提供している伊藤忠グループのリサーチ会社。この度、6回目となる『就業意識』に関するインターネット調査を2021年7月1日~5日に実施し、10,110件の回答を集めた。

調査結果詳細はこちら

働く上で重視する点

働く上で重視する点は(複数回答)、「仕事の内容、種類」「通勤時間、勤務地」が働いている人の各5割強、「給与水準」「労働時間」「休暇日数、休みのとリやすさ」が各40%台。

現在の仕事に対する満足度

働いている人のうち、現在の仕事に満足している人は「満足」「やや満足」を合わせて7割弱で、2018年調査より増加している。

現在の仕事で満足に感じる点

現在の仕事で満足に感じる点は(複数回答)、「通勤時間、勤務地」「休暇日数、休みのとりやすさ」「労働時間」が働いている人の各30%台、「仕事の内容、種類」「仕事の量」「就業形態」が各20%台。

現在の就業形態別にみると、『パート・アルバイト、フリーター』では「通勤時間、勤務地」「労働時間」、『公務員』では「給与水準」「雇用の安定」「福利厚生の充実度」の比率が高くなっている。

逆に、現在の仕事で不満に感じる点は(複数回答)、「給与水準」が働いている人の35.7%、「仕事の量」「人間関係」「休暇日数、休みのとりやすさ」「労働時間」が各1割強となっている。「給与水準」は、過去調査と比べて減少傾向。

仕事に対する考え方

仕事に対する考え方としてあてはまるものを選んでもらったところ(複数回答)、「仕事は収入を得る手段としてとらえている」が58.3%、「雇用が安定している職種・仕事を選びたい」「仕事も、私生活も両立したい」「時間に融通がきく仕事を選びたい」が各3割弱。「時間に融通がきく仕事を選びたい」は、女性で比率が高くなっている。

希望する就業形態

希望する就業形態は(複数回答)、「正社員で管理職以外」が24.5%、「パート・アルバイト、フリーター」が17.0%。

現在の就業形態を今後も希望する人は、「経営者・役員」「正社員で管理職以外」「自営業」「パート・アルバイト、フリーター」で高く、「契約社員」「派遣社員」で低くなっている。

まとめ

調査の結果からは、現場が会社へ望むことが見て取れる。従業員エンゲージメントを高めるためには、そうした現場の声に耳を傾けていくことが大切ではないだろうか。

<PR>