オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

【2023年卒】仕事体験できるインターンシップがあれば「参加したい」91.2%

2021.08.18

株式会社学情(本社:東京都千代田区・大阪市北区/代表取締役社長:中井清和)は、2023年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に、就職活動に関するインターネットアンケートを実施。今回は、「インターンシップでの仕事体験」に関して調査した。

仕事体験(実務体験)ができるインターンシップ「参加したい」91.2%

具体的に仕事体験(実務体験)ができるインターンシップについて、91.2%の学生が「参加したい」と回答。「参加したくない」8.8%の、10倍以上の回答を集める結果となった。「参加したい」とした学生からは、「ミスマッチをなくすために、仕事理解を深めたい」「セミナーなどで話を聞くだけでなく、実際に体験したほうがより理解できると思う」「仕事を体験することで、適性や今後伸ばしていくべきポイントを知りたい」といった声が寄せられた。

希望する日数は「2日~3日」最多

仕事体験(実務体験)ができるインターンシップに参加する際に、希望する参加日数は「2日~3日」が52.2%で最多となった。「1日では仕事や会社の雰囲気を理解することが難しいと思う」「1週間以上などになると、他の企業のインターンシップに参加することが難しくなってしまう」「部活動などのスケジュールを考えると、数日間で参加できるインターンシップが参加しやすい」などの声が寄せられた。

より期待すること「仕事体験」と「会社の雰囲気」ほぼ同割合

インターンシップでは、「仕事体験と会社の雰囲気を知ることのどちらをより期待しますか」という質問においては、「仕事を体験したい」(48.1%)と、「会社の雰囲気を知りたい」(51.9%)がほぼ同割合になった。

調査概要

調査対象:「あさがくナビ2023」へのサイト来訪者
調査方法:Web上でのアンケート
調査期間:2021年8月2日~2021年8月10日
有効回答数:330名

株式会社学情

約190万名の20代求職者データベースを保有する就職・転職情報サイト、全国主要都市で開催する日本最大級の合同企業セミナーなど、独自の多様な採用手法を通じて、クライアントの採用を強力にサポート。提供するサービスには、新卒対象就職情報サイト「あさがくナビ」や、20代専門転職情報サイト「Re就活」のほか、新卒・20代若手社会人それぞれに向けた「就職博」、「転職博」などがある。

まとめ

実務を体験できるインターンシップは、採用後のミスマッチ防止にも効果が期待できる。学生が参加しやすい期間設定で実施してみてはいかがだろうか。

<PR>