オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

コロナ禍で学生の就職活動を応援!石川県で異業種がタッグ!

2021.08.27

株式会社クラスコ(本社:石川県金沢市/代表取締役社長:小村典弘、以下「クラスコ」)は、2021年8月20日(金)にコロナ禍の就職活動を行う学生たちに「業界・社会のリアルを体感してほしい」との想いから株式会社クスリのアオキ(本社:石川県白山市/代表取締役社長:青木宏憲、以下「クスリのアオキ」)と共同で、2社合同のワンデー仕事体験を開催した。

2社合同ワンデー仕事体験開催の背景

2020年に新型コロナウイルスの感染拡大が始まり就活生にとっては、対面でのインターンシップや面接が中止となり、オンライン仕事体験やビデオ通話での面接開催など各業界や企業の内側を実際に体感できていない就活生も多くなっている。そこでクラスコでは、コロナ禍で厳しい環境におかれながらも就職活動を行う学生たちに「業界・社会のリアルを体感してほしい」との想いから、クスリのアオキと共同で「ビジネスモデル企画」をテーマにワンデー仕事体験を実施。1つの業界に囚われない職業体験を通して、学生のキャリア選択に必要な考え方や業界・企業選びについて考えるきっかけを提供し、就職活動の視野を広げる経験値を広げることを目的として実施した。

2社合同ワンデー仕事体験 概要

日時:2021年8月20日(金)
場所:株式会社クラスコ(石川県金沢市西念4丁目24-21)
概要:インターンシップでは、2023年卒を中心とした大学生ら13名が参加。内容は、医薬品・日用品などの小売業と住宅・不動産業の異業種2社がもし手を組んだらどのようなビジネスモデルが実現できるかを各グループで企画し、プレゼンテーションを行った。また、チームで働く面白さや難しさを体感してもらうため、各企業の採用担当者がメンターとして一緒に課題に取り組み、就活生が今後の社会経験値を高めるための「手加減なしのフィードバック」も行われた。
※新型コロナウイルス感染症対策を充分に講じた上で実施。

参加学生の感想

「他のインターンシップでは、ビジネスプランを立てることなどはないので、この機会を今後も設けて欲しい。」
「手加減なしのフィードバックをいただけたことで、次に繋げることができると感じた。」
「メンターさんがついてくださり、アドバイスや提案の手助けをしてくださって、グループワークがより良くなった。」
「1回のワンデー仕事体験で、2社の会社詳細を知ることができて良かった。」

まとめ

採用活動のオンライン化が進み、社内の雰囲気を学生に伝えることが従来よりも難しくなっている。採用後のミスマッチを防ぐためにも、学生へのPR方法に今まで以上の工夫が必要だ。

<PR>