オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

【2023年卒】約半数が「DXを推進する企業」は志望度が上がると回答

2021.09.10

株式会社学情(本社:東京都千代田区・大阪市北区/代表取締役社長:中井清和)は、2023年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に、就職活動に関するインターネットアンケートを実施。今回は、「DX(デジタルトランスフォーメーション)」に関して調査した。

調査の背景

2021年9月1日のデジタル庁設置に象徴されるように、コロナ禍でITの活用やDXの推進が加速している。そんな中、デジタルネイティブと呼ばれる20代は、DX推進をどのように捉えているのだろうか。就職活動において、学生はDXを意識しているのか調査した。

「企業がDXを推進していることを知ると志望度が上がる」約半数に迫る

就職活動において、「企業がDXを推進していることを知ると志望度が上がる」と回答した学生が49.6%に上った。

「企業の成長には、DX推進が不可欠だと思う」「デジタル技術やデータを駆使することで、よりニーズに合ったサービスが提供できると思う」などの声が挙がった一方で、「実際にどのようなDXに取り組んでいるのかによって、志望度は変わる」といった指摘も寄せられており、取り組みの中身に注目する姿勢も浮き彫りになった。

3割強は企業のDXに関する取り組みを重視

就職活動において、企業のDXに関する取り組みを「意識する」と回答した学生が35.1%に上った。「デジタル強化は不可欠だと思う」「企業がDX推進にどのように取り組んでいるかを知ることで、企業がどの事業分野を強化しようとしているか推し量れると思う」といった声が寄せられており、関心の高さが伺える。

7割超の学生が「DXに関するスキルや知識を身に着けたい」と回答

DXに関するスキルや知識について、74.1%の学生が「身に着けたい」と回答した。「今後必須のスキルになると思う」「デジタル領域に強いと、仕事の選択肢が増えると思う」といった声が挙がっており、自身の選択肢を増やすためにも、DX関連のスキルや知識を習得したいと考えていると推察される。

調査概要

調査対象:「あさがくナビ2023」へのサイト来訪者
調査方法:Web上でのアンケート
調査期間:2021年8月16日~2021年9月2日
有効回答数:467名

まとめ

デジタルネイティブ世代には、就職活動においてDX推進を重要視する人が多いようだ。採用活動で自社の取り組みをいかにPRできるかが、多くの学生を呼び込むポイントとなるかもしれない。

<PR>