オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

【2023年卒】テレワークをしたい頻度は「週に1~2回」が最多

2021.10.07

株式会社学情(本社:東京都千代田区・大阪市北区/代表取締役社長:中井清和)は、2023年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に、就職活動に関するインターネットアンケートを実施。今回は、「テレワーク」に関して調査した。

調査の背景

コロナ禍でテレワークが普及・定着するなか、「テレワークでは質問がしにくい」「上司や先輩と話す機会がなく、人間関係を築きにくい」といった課題も指摘されてる。これから社会人になる学生は、入社する企業でのテレワークについて、どのように考えているのか調査した。

入社する企業にテレワーク制度があったら「利用したい」7割

入社する企業に、テレワーク制度があったら「利用したい」「どちらかと言えば利用したい」の回答が74.5%に達した。テレワーク制度も活用して仕事をしたいと考える学生が多いことが分かる。

テレワークを実施したい頻度は「週に1~2回」が28.5%で最多

入社先の企業でテレワークを実施したい頻度は「週に1~2回」が28.5%で最多。次いで、「週に3~4回」25.6%と続く。「毎日」は8.1%に留まっており、常にテレワークをするのではなく、出社とテレワークを組み合わせて働きたいと考える学生が多いことが分かる。「入社後、仕事に慣れてから実施したい」の回答も23.9%に上った。「テレワークの制度があることはありがたいが、同期や先輩・上司とコミュニケーションも取りたい」「大学はオンライン授業が大半で、大学生という実感を得にくい。社会人になったら、少なくても週の半分は、出社して仕事をしたい」「育児をするなどライフステージに変化があったらテレワーク制度も利用したいけれど、入社後すぐは出社して働きたい」などの声が寄せられており、テレワークの制度は好意的に捉えているものの、出社して働く機会も得たいと考えている学生が多いことが分かる。

半数以上がプレエントリー時にテレワーク制度の有無を重視

プレエントリー時にテレワーク制度の有無を「重視する」「どちらかと言えば重視する」と回答した学生が56.6%に上った。「柔軟な働き方ができそう」「テレワークのほうが集中して取り組める仕事もあると思う」「コロナ後も、テレワークは定着すると思うので、制度の有無は確認しておきたい」といった声が上がった。

調査概要

・調査対象:「あさがくナビ2023」へのサイト来訪者
・調査方法:Web上でのアンケート
・調査期間:2021年9月3日~2021年9月30日
・有効回答数:415名

まとめ

これから社会に出る学生の多くは、テレワーク自体は好意的に捉えており制度の有無を重視した就職活動を行っていることがわかった。柔軟な働き方に対応できるかどうかがポイントとなっているようだ。

<PR>