オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

キャリア形成支援に係る取り組みの4類型の認知・参加状況【2025年卒 インターンシップ・就職活動準備に関する調査】

2023.11.13

株式会社リクルート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村吉弘)のより良い就職・採用の在り方を追究するための研究機関・就職みらい研究所(所長:栗田貴祥)は、「2025年卒 インターンシップ・就職活動準備に関する調査」を実施した。

キャリア形成支援に係る取り組み4類型化の認知度

キャリア形成支援に係る取り組み4類型化の認知度

今回の調査では2025年卒学生のインターンシップ等のキャリア形成支援プログラムの参加状況について調査。2022年6月に政府による「インターンシップの推進に当たっての基本的考え方」(3省合意)が改正され、インターンシップをはじめとしたキャリア形成支援に係る取り組みが4つに類型化された。このことを学生に尋ねたところ、「知っている」と回答した割合は43.7%となった。また、2025年卒学生の就職活動から、一定の基準を満たすインターンシップ(タイプ3)で得た学生の情報を、企業が広報活動や採用選考活動に使用できるようになったことについては、44.3%の学生が「知っている」と回答した。

タイプ3「汎用的能力・専門活用型インターンシップ」

タイプ3「汎用的能力・専門活用型インターンシップ」

5日以上のインターンシップ等のキャリア形成支援プログラムに参加した経験のある学生に、インターンシップ(タイプ3)への参加状況を聞くと、38.2%が参加経験があった。一方、42.5%が「分からない」と回答している。参加したインターンシップ(タイプ3)の内容では、商品販売や開発設計など、具体的な実務に関するコメントが目立った。また、参加して良かった点としては、大学の研究やアルバイトとの違いへの気付きや、実際の会社の雰囲気や仕事内容など職場のリアルな情報を得ることで、適性を知ることができたという声が寄せられた。

調査概要

調査方法:インターネット調査
調査対象:『リクナビ2025』会員より、2025年3月卒業予定の大学生および大学院生 
有効回答数:大学生 831人 大学院生 305人 
調査実施期間:2023年9月20日~25日
調査機関:就職みらい研究所

調査結果詳細はこちら

まとめ

一定の基準を満たしたタイプ3の「汎用的能力・専門活用型インターンシップ」では、参加した学生の情報を企業が広報活動や採用選考活動に使用できる。説明会の案内を受け取れたり、採用選考プロセスの一部で免除を受けられたりと、学生にとってもメリットが大きい。学生への周知を進めることで、採用活動にも活かせる取り組みとなるだろう。

参照:厚生労働省概要資料「令和5年度から大学生等のインターンシップの取扱いが変わります」