オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

【第二新卒の転職活動に関する調査】信頼性が高い企業の発信方法「公式ウェブサイトでの詳細な発表」

2023.11.20

調査PRサービス「RRP」を提供する株式会社リンクアンドパートナーズは、「第二新卒の転職活動」に関する調査を実施した。調査結果の一部を紹介する。

調査実施の背景

第二新卒として、新しい職を求める動きは近年増加していると言われている。その背景には、多様な経験を積みたい、キャリアを再構築したい、といった思いがあると考えられる。

しかし、第二新卒の方々が再度就活をする際、具体的に企業のどのようなポイントに目を向けているのか、情報を得るための主要な手段やソースは何なのか、これらの疑問をもつ企業も少なくないだろう。

そこで同社は、転職活動経験のある第二新卒503名を対象に、本調査を実施した。

本調査レポート資料のダウンロードはこちら

転職検討時の情報源「ジョブサイト」が最多

転職検討時の情報源「ジョブサイト」が最多

「Q1:転職を検討する際、どの情報源を主に利用しますか?」と質問したところ、上位から「ジョブサイトや求人情報サイト」が40.8%、「企業の公式ウェブサイト(プレスリリースなど)」が29.6%、「キャリアセンターや転職エージェント」が10.7%となった。

参考にしたい情報「経営戦略」が最多

参考にしたい情報「経営戦略」が最多

「Q2:企業が発信する情報の中で、特に参考にしたい情報は何ですか?(複数回答可)」と質問したところ、上位から「経営戦略や将来の方向性の発表」が34.6%、「新製品・サービスの発表」が24.5%、「調査結果の発表」と「既存製品・サービスの実績発表」が同率で21.9%となった。

信頼性が高い企業の発信方法「公式ウェブサイトでの詳細な発表」が最多

信頼性が高い企業の発信方法「公式ウェブサイトでの詳細な発表」が最多

「Q3:信頼性が高いと感じる企業の発信方法は何ですか?(複数回答可)」と質問したところ、上位から「公式ウェブサイトでの詳細な発表」が40.0%、「CEOや経営陣からの直接のメッセージ・コメント」が30.6%、「公式SNSアカウントでの情報共有」が25.7%となった。

調査概要

調査期間:2023年11月7日(火)~8日(水)
調査方法:リンクアンドパートナーズが提供する調査PR「RRP」によるインターネット調査
調査対象:転職活動経験のある第二新卒
調査人数:503人
モニター提供元:ゼネラルリサーチ
出典元:「RRP」

まとめ

調査結果から、「企業の公式ウェブサイト」が最も信頼性が高く、「経営戦略」や「新製品・サービス発表」「調査結果の発表」に対する関心が特に高いことが判明した。厚生労働省が2023年10月に発表した新規学卒就職者の離職状況によると、新規高卒就職者が37.0%(前年度と比較して1.1ポイント上昇)、新規大学卒就職者が32.3%(同0.8ポイント上昇)となっている。若手求職者に向けてどのように情報を発信していくか、本調査結果を参考に改めて検討してみてはいかがだろうか。

参照:厚生労働省 新規学卒就職者の離職状況(令和2年3月卒業者)