オフィスのミカタとは
総務・人事・経理/管理部その他働きがいを
向上させる為の方の完全無料で使える
ビジネスポータルサイト 「オフィスのミカタ」

元企業人社労士から見た企業を取り巻く今 ~マネジメント編~

2020.02.05
新川 謙治郎

前回コラムを振り返って

 今回も、前回コラムの振り返りから。
 就職説明会において自らのキャリア形成に会社側がどんな手立てを講じてくれるのか。
 前回では、これを問うことを以て「20〜30年前の若者と比べて近年の若者(新卒採用者)が本当に成長しているのか」と疑問を投げかけました。しかし、よくよく考えてみると「現在の新卒採用者が成長したのか」という疑問を投げかけることは、私の現状認識不足から来るのでは、と思えてきました。それは、以下のような社会状況が見えつつあるからです。
(1) 既に新卒採用者を受け入れる企業側は、事実上終身雇用を放棄していること
(2) 従って、旧来の世代のように会社に長期(終身)在籍し、個々人のキャリア形成を会社側が責任を持って行うことなど、求職者側はもはや期待できないこと
(3) 人生100年時代を迎え、仮に60〜65歳までの雇用が保証されていたとしても、その後の自身の生きる糧(最近「セカンドキャリア」と呼ばれることもあります)は、自らが見つけ出さざるを得ないこと(これには少子高齢化によって、現在の若年層の方々が年金収入に期待が持てないことの裏返しとも言えますが……)

 上述のような現状に身を置く新卒採用者が、自身の将来に真剣に向き合った結果として、就職希望先企業におけるキャリア形成の充実度合いを気にすることは、むしろ当然のことと考えられます。
 否応なく自身のキャリア形成に真剣に向き合わざるを得ない近年の新卒採用者に対し、自身のキャリア形成を会社に丸投げしてきた世代の人間が「その成長は本物か?」と問うことは、フェアではないかもしれない、と思うに至りました。そのため、敢えて今回コラムの冒頭に紙面を割かせていただきました。

マネジメント(管理、管理職層)について考える

 さて、今回からは「マネジメント(管理、管理職層)」について、何回かに分けて考えてみたいと思います。

記事の続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。